WordPressインストール直後に設定しておきたいこと。

 

WordPressのインストールが完了しました。初めにやっておくべきことがあれば教えて下さい。

SSL化に伴うリダイレクト設定、テーマの選定、パーマリンク設定は真っ先にやっておこう。

 

WordPressのインストールが完了したが、初めに設定しておかなければいけないことはいくつかある。

厳密にいえば後からでも変更はできるものの、読者の混乱を招いたりGoogleからの評価が落ちる場合などもあり得るので、できれば初めに設定してしまい変更はしないのが一番である。

※まだWordPressを導入していない方は、以下記事を参考にインストールをしよう。

【完全ガイド】WordPressの初め方

1.SSLリダイレクトを設定しよう

作成時にSSL化設定をエックスサーバーにて申し込んだと思うが、万が一サイト訪問者が誤って”https〜”ではなく”http〜”でアクセスしてしまった時にも”https〜”のURLで表示されるように設定しておこう。

1-1 エックスサーバーにログイン

 エックスサーバーにログイン

1-2 サーバーパネルにログイン

続いてサーバーパネルにログインしよう。下の方へスクロールすれば『ご契約一覧』という表記があるので、該当のIDのサーバーパネルの『ログイン』ボタンをクリックしよう。

1-3 .htaccess編集

.htaccess編集ボタンの画像

サーバーパネルにある『.htaccess編集』をクリックしよう。

ページ遷移後、対象のドメインを選んで『選択する』をクリックしよう。

1-4 リダイレクト分を挿入

リダイレクトコードの画像

『.htaccess編集』タブをクリックし、以下の文を先頭に挿入しよう。

コード
<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTPS} !=on [NC]
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]
</IfModule>

完了後、『.htaccessを編集する(確認)』をクリックし、最終確認後に『.htaccessを編集する(確認)』をクリックしよう。

1-5 リダイレクトされているか確認

実際にリダイレクトされているか確認するために、ブラウザのURL入力欄に”http〜”で入力して自分のサイトにアクセスしてみよう。

“https〜”で表示されたら成功だ。

2.テーマを選ぼう

WordPressでいうテーマは、デザインやUI/UXの根幹となる。

自分の好みで選ぶのもいいが、ユーザーにも優しいテーマをインストールしたいところ。

無料/有料と問わず大量に作品があるが、テーマ特有の設定等もあるため、記事がたくさん出来上がった所で変更しようとすると手間がかかってしまう。早めに良いテーマを見つけて、決めてしまおう。

最近のテーマは非常に良心的で、インストールしてちょっと設定するだけで自分好みかつユーザーに優しいデザインになってしまったりする。

当サイトは巷でも結構有名な『SANGO』を使用している。

有料ではあるが、おしゃれで機能も多くガイドも充実しているため、困ることがない。参考にして頂ければと思う。

SANGOのデモサイト

補足:カスタマイズは子テーマを使用する

テーマにもアップデートがある。なので頑張ってカスタマイズしても、アップデートしたら元通りに戻ってしまうなんてこともある。

モチベーションにも関わってくる重要な問題なので、子テーマを作って、そちらを編集するようにしよう。

そうすることでアップデート等が発生しても、カスタマイズした部分は変更されずに維持してくれる。

やや手間がかかってしまうが、最初にやっておこう。以下サイトを参考として添付しておく。

参考 WordPress子テーマの作り方を2ステップで簡単解説!

ちなみにSANGOだと子テーマも作成してくれているので、インストールするだけでOK。痒いところに手が届く優しいテーマだ。

3.パーマリンクを設定しよう

パーマリンクは聞き慣れない言葉だが、要するにURLの作成ルールだ。

URLは変更されると、そのURLに対するGoogleの評価がリセットされるから、パーマリンクは必ず最初に設定し、二度と変えないようにしよう。

変更方法

パーマリンク設定の画像

変更方法は、ダッシュボードにある『設定』から『パーマリンク設定』を選んでクリックしよう。

URLが変わらないような設定にする。

当サイトは『https://ドメイン名/記事タイトル名』(/%postname%)に設定している。

カテゴリー名を入れるサイトも多いが、カテゴリーを変更する度にURLも変わってしまうため、何度も変更することになる初心者にはあまりおすすめできない。

4.バックアップを取ろう

リスク管理としては当たり前であるが、必ずバックアップは取得するように運用しよう。

カスタマイズしたり、記事を書いたり、日々自分のサイトは進化していくのにある日突然画面が真っ白に、なんてこともあるかもしれない。

プラグイン等によって自動にバックアップ取得ができるようになるので、最初に設定しておくのが吉だ。

参考 WordPressでバックアップを取るための4つの方法(初心者向け)サルワカ

 

最低限、やっておくべきことを纏めた。インストール直後に実施しておこう。

次はいよいよ記事を書いていくことになるだろう。以下を参考に執筆作業を進めてほしい。

【ブログの書き方講座】ネタ集めから記事の書き方までを解説。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください