Wordを使うために知っておきたいショートカットキー20選

Wordを使うにあたって覚えておきたい使用頻度の高いショートカットキーをご紹介します。

項目方法説明
新規文書作成Ctrl+N新しい文書を作成したいときに便利です。他の文書を開いた状態でも使えます。
ファイルを開くCtrl+O前に作成したファイルを開きたいときに。
文書を上書き保存するCtrl+S文書を上書き保存をすることができます。保存忘れの防止に。
文書を閉じるCtrl+W開いているファイルを閉じたいときに。ただしファイルは閉じられますが、Worfは起動したままです。

Word自体を閉じたいときは「Alt」+「Ctrl+」で行えます。

すべて選択するCtrl+Aすべての文書を選択したいときはこれでできます。
直前の動作を元に戻すCtrl+Z作業中にうっかり文字列を消してしまったなどのときに。
直前の動作を繰り返すCtrl+Y直前の動作を他の文字列にも行いたいときに。
選択範囲をコピーするCtrl+C簡単に選択した範囲をコピーできます。
選択範囲を貼り付けるCtrl+Vコピーした文書や表、図の貼り付けに。
選択範囲を切り取るCtrl+X選択した範囲を切り取れます。
書式をコピーするCtrl+Shift+C選択範囲の書式をコピーしたいときに。
書式を貼り付けるCtrl+Shift+Vコピーした書式を他の文字列に適応させたいときに。
文字列を太字にするCtrl+B文字を強調したいとき
文字列を斜体にするCtrl+I文字列を簡単に斜体にできます。
フォントサイズの大きさを変える大きくする:Ctrl+] 小さくする:Ctrl+[1ポイントずつ大きさが変わります。
文書を印刷するCtrl+P文書を印刷したいときに。
印刷プレビューを表示するCtrl+F2印刷プレビューを確認できます。
改ページするCtrl+Enterページを変えたいときに。
次のページに移動Ctrl+PageDown次のページに移動したいときに。
前のページに移動Ctrl+PageUp前のページに移動したいときに。

Wordを使い慣れていない方にとってはショートカットキーは使いながら覚えていく必要があるため、最初は戸惑うかもしれませんが、慣れれば文書作成のスピードが非常に上がります。

慣れるまで頑張って取り組んで、Word作成をより効率のいいものにしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください