『寡婦年金』亡くなった夫の配偶者に支給される年金

寡婦年金

制度について

対象者

第1号被保険者として保険料を納めた期間が10年以上ある夫が亡くなった時に、その配偶者に支給される

補助金額

夫が死亡した日の前月までで第1号被保険者の期間から算出した老齢基礎年金額の4分の3
※60歳から65歳の間に支給

申請方法

役所の担当窓口で申請

遺族年金の中には夫を亡くした妻が受け取れる寡婦年金というものもあります。この寡婦年金を受け取るにも条件がありますので確認しておかないと、申請をしても受給できない場合があります。

ここでは寡婦年金がどのような年金制度なのかを勉強しましょう。

参考 寡婦年金日本年金機構

寡婦年金とは?誰でも受給できるの?

寡婦年金は夫を亡くした妻にのみ支給される遺族年金の1つです。だたし、寡婦年金を受給するにはいくつか条件がありますので確認しましょう。

受給条件
  • 故人の妻であること
  • 夫が10年以上国民年金を納付していること
  • 夫が老齢年金や障害年金などを今ままでに受給していないこと
  • 夫が生計を維持していたこと
  • 夫が65歳未満に亡くなっていること
  • 夫が亡くなってから5年以内に請求していること

受給条件を確認しておくこと

寡婦年金は妻だけが受給できる遺族年金で、もし妻の方が先に亡くなった場合、夫は対象外となります。また、夫が国民年金を10年以上納付している必要があります。さらに、夫と結婚して10年以上生活していることも受給条件となります。ちなみに内縁の妻でも対象です。

ただし、再婚や事実婚をした場合や養子となった場合は受給対象から外れますので気をつけましょう。

60歳から65歳まで受け取れる

妻が寡婦年金を受給する場合、受給期間は60歳から65歳までとなります。

もし夫が亡くなったとき妻が60歳になっておらず、寡婦年金の受給開始まで期間が開いている場合は、寡婦年金ではなく、死亡一時金を受給するという選択肢もあります。

受給額は老齢基礎年金の4分の3

寡婦年金は本来夫が受給する予定だった老齢基礎年金の4分の3になります。60歳から65歳までは寡婦年金が支給され、65歳になると寡婦年金の支給が打ち切りとなり、自分の老齢基礎年金が支給されます。

また、妻が再婚した場合も支給資格がなくなります。

他の遺族年金と併用することはできるのか?

遺族年金はいくつか種類があります。そのため、寡婦年金と併用することができるのか気になる方も多いでしょう。ここでは遺族基礎年金や死亡一時金との併用について解説します。

遺族基礎年金

寡婦年金は遺族基礎年金と併用することはできませんが、もしも遺族基礎年金を過去に受け取っていたという方でも60歳から65歳までの期間は寡婦年金の受給対象となります。

例えば、妻が50歳のときに夫と死別し遺族基礎年金を受け取り、59歳のときに子どもが18歳になり受給期間が終わったとします。そのような場合でも寡婦年金の受給条件を満たせば受給することができます。

つまり同時には受給することはできないものの、タイミングをずらせばどちらも受け取ることができるのです。

死亡一時金

死亡一時金と寡婦年金はタイミング関係なくどちらか片方しか選択することができません。そのため、死亡一時金と寡婦年金のどちらを選ぶかは、より金額が大きい方を選ぶといいでしょう。

死亡一時金と比較した場合、寡婦年金は夫が受け取る予定だった老齢基礎年金の4分の3が受給額になりますので、寡婦年金の方が多く貰える傾向にあります。

ただし、老齢年金を繰り上げで受給していた場合は支給の対象外となりますので、死亡一時金選びましょう。

寡婦年金の申請方法

寡婦年金には役所か年金事務所で申請します。年金請求書(国民年金寡婦年金)とともに必要書類を提出する必要がありますので、用意しましょう。

全員が提出する書類

  • 年金請求書
  • 故人の年金手帳
  • 世帯全員が記載された住民票の写し
  • 故人の住民票の除票:住民票の写しに記載されている場合は不要
  • 申請者の収入確認書類:所得証明書、源泉徴収票など
  • 申請者名義の銀行口座:預金通帳など
  • 印鑑:認印可

第三者が原因で死亡した場合に必要な書類

  • 第三者行為事故状況届
  • 交通事故証明もしくは事故証明ができる書類
  • 確認書
  • 扶養確認書類:源泉徴収や学生証の写しなど
  • 損害賠償金の算定書:すでに決定している場合