家計簿アプリ『Zaim』の特徴や魅力を紹介

Zaim

家計簿アプリZaim

評判

800万DLの新定番アプリ

家計簿で挫折した84%が「続けられる」と回答
日経新聞ランキング1位!NHKや女性誌で高評価

特徴

お金を楽しく管理し、節約できる無料の家計簿アプリ
長く続けられるよう、家計簿の仕組みを丁寧に作り込まれている
レシート読取にも無料で対応。家計簿としても、資産管理としても使用可能

拡張機能

Zaimプレミアム (月額360円)

Zaim
Zaim
Developer: Zaim Inc.
Price: Free+
Zaim
Zaim
Developer: Zaim Inc.
Price: Free+

※本記事は2019/1/20現在の情報であり、アップデートにより機能が更新される場合もございます。

Zaimの標準機能

Zaimの機能はたいてい無料で使用できます。App Storeには、無料で使えるZaimの機能がズラリと20個も並んでいます!

  1. 家計簿の入力が簡単(電卓付き)
2. 棒グラフ・円グラフで分析
3. レシートから品目を自動読取
4. 銀行やクレジットカードの入出金を自動取得・分類
5. 皆が何にいくら使ってるか家計簿の統計情報と比較
6. 月の予算を決め残高を表示
7. お財布や口座、クレジットカードの残高表示
8. スーパーの今日の特売情報を表示
9. 支出や収入を入力するともらえるスタンプ機能
10. お金を支払ったお店を家計簿に登録
11. つけ忘れ防止のアラーム機能
12. 繰り返し入力
13. パスコード・ロックでセキュリティも安心    ※ ご利用にはZaimへのユーザー登録が必要です(無料)

引用:家計簿Zaim App Atoreプレビュー

この他にも、 CSVエクスポート・インポート機能でバックアップも取れますし、Evernote・Facebookとも連携可能です。Evernoteでバックアップを取るのも良いでしょう。

家計簿のアカウントも共有可能なので、ほかの人と共有して入力・管理することが可能です。また、 世界各国の151貨幣通貨に対応可能、 異なる通貨を相互に自動変換可能と、グローバルなユースも可能な作りとなっているのです。

この記事では、黄マーカーでマークした機能プラス「自治体から受け取れる給付金」の抽出を試してレポートしていきます。

レシートから品目を自動読取

Zaimといえば、レシート自動読み取りの精度の良さが評判です。

パシャパシャと連続読み取り可能。以前は有料版しか連続読み取りできなかったようですが、アップデートされて繰り返し入力が可能になっています。

渋谷のSUBWAYに行ったレシートを読み取りしてみました。

筆者のスマホで撮影

2018年7月のレシートですが、読み込まれました。

ただし”30日以上古い日付になっています”と警告(?)が出ます。そして下記のように支出登録されるのですが、「品目一覧」を見るとエンタメ>ゲームになっていて軽く驚きます。

これは手入力で「食料品」にカテゴリー変更しました。

筆者のスマホで撮影

次にコンビニで購入したブルガリアヨーグルト、牛乳、メロンパンのレシートを撮影しましたが、やはりカテゴリーはエンタメ>ゲームになってしまったので、手入力で食料品に変更しました。

蓄積したデータから、カテゴライズを学習していく機能があると良いですね。他の方のレビューでも、このカテゴリー品目変更が手間だという意見がありました。

主婦の支出品目は何といっても食料品が最多でしょうから、食料品をデフォルトにしておこうと思いました。

銀行やクレジットカードの入出金を自動取得・分類

次は銀行とクレジットカードの連携をやってみましょう。

「口座設定」から口座の追加をタップしました。すると、銀行名がズラリ。私はオンラインバンキングのみで通帳のない「楽天銀行」の設定に挑戦しました。

ちゃんと楽天銀行もあります。

筆者のスマホで撮影

連携までに5分くらいかかりました。

ちゃんと、セキュリティのため設定した「秘密の質問」も3回尋ねられました。

クレジットカードも同じ要領で設定をかけていきます。

ECサイトも登録できます。Amazon、セブンネット、ZOZOTOWN、パルシステムなど39のサービスが連携できます。

「ねんきん定期便」もbitFlyerもありますね。

私はよく使うAmazonを連携してみました。

棒グラフ・円グラフで分析

円グラフ

カテゴリー別に入力していくと、年/月ごとの支出のカテゴリー内訳をグラフにしてくれます。

これはざっくりとした入力を試してからグラフにしたものです。可視化されるとインパクトは大きいですね!分かりやすい!

筆者のスマホで撮影

本来ここに、家賃や公共料金が入ります。わが家計の場合、公共料金が占める割合を是非円グラフ化して見てみたいものです。これから我が家は、16歳~22歳の控除が続々使えるようになるので税金が低くなる予定です。しかし逆に教育費の割合は恐ろしく大きくなっていくことでしょう。

棒グラフ

棒グラフは、AppStoreのスクリーンショットを引用します。

棒グラフの方が、支出カテゴリーが多い家庭の場合見やすいですね。

 

引用:家計簿Zaim App Atoreプレビュー

自治体から受け取れる給付金を抽出

設定画面には、家計改善のための機能が並んでいます。

「わたしの保険」診断、「私のローン」診断、「わたしの給付金」抽出、個人事業主に至っては「わたしの青色申告」でYAYOI SMART CONNECTと連携して確定申告書類にZaimデータを反映させることができます。

「バランス診断」のために月収や家族構成、それぞれの年齢も入力してみました。そして位置情報を許可すると、自分の居住地の行政がおこなっている給付金制度が出てくるので、おもしろくてつい読んでしまいました。

給付金も所得制限を設けています。Zaimに正確に収支を入力していれば、Zaimはそれに基づいて、受給の可能性のある給付金を居住エリアに応じて、教えてくれるわけですね。

パスコード・ロックでセキュリティも安心

パスコードの設定方法

「設定画面」から「便利ツール」をタップすると、「自動ロック」のON/OFF切り替えが初期設定でOFFになっています。

それをONに切り替えると、4桁のパスコードの設定を求めてきます。

入力して設定すれば、起動時は毎回パスコードを入力しないとアプリが開かないというわけです。

Zaimのセキュリティは秀逸と評判

ドットアップス編集部の記事に、Zaimのセキュリティ面の充実ぶりについて触れている記事がありました。一部引用します。

パスコードロックができるので、アプリを他の人に見られてしまう心配はありません。

さらに銀行やクレジットの情報に関しては、通信をすべて暗号化しているので第三者が盗み見ることはできません。

また、入力する金融機関などの認証にかかわる情報もすべて暗号化しています。(中略)

一番危険とも言える銀行の暗証番号やクレジットカードの番号、有効期限や名義人名などはアプリには保存されません。

ここまでしっかりとしたセキュリティのある家計簿アプリはなかなかありません。

引用:家計簿アプリの危険性を回避したいなら「Zaim」がおすすめ!

口座連携の作業をしながら、暗証番号やクレジットカードの番号、有効期限などの入力が不要なことを、私も意外に思っていました。

しかしそれこそ、セキュリティが強化されているZaimだから不要なわけなんですね。

Zaimプレミアムとは?

Zaimプレミアムとは、月額360円で機能が拡張できる有料サービスのことです。

プレミアムプランの機能・特典

  1. 広告の非表示
  2. 推移グラフ … お金の変化をチェックでき、貯金や投資の動きを可視化します。
  3. 連携機能の強化 … 銀行やクレジットカードの連携データをいつでも好きなときに更新します。
  4. 一括編集 … 履歴やレシート品目のカテゴリーをまとめて編集可能に。
  5. アカウント切り替え … 家族用とお小遣い用を、それぞれ分けて管理できます。
  6. 給付金の抽出 … 家族構成や地域によるお得な給付金が抽出できます。

 

筆者のスマホで撮影

Zaim プレミアムの価格と期間

360円(税込)、申し込み日から起算して1か月単位で自動更新されます。

課金方法

お使いの iTunes アカウントに課金されます。

 

無料お試し7日間!

Zaimプレミアムは、1週間のお試し期間を設けています。

お試し期間は上記の有料サービスを無料で使用することができます。

プレミアムプランを停止するには、次の請求日までに「設定」から「登録を停止」をタップしましょう。

プレミアムサービスの当月分のサービスは受け付けていないので注意しましょう。

まとめ

Zaimの魅力が伝わったでしょうか。Zaimの特徴的な機能をピックアップしてみました。Zaimを使ってみて、家計簿をスマホで携帯できる時代がきたのだな…とつくづく思いました。

手入力が必要な部分もまだありますが、それさえ楽しめてしまえれば、自分の家計を把握するための最強ツールになってくれそうです。

Zaim
Zaim
Developer: Zaim Inc.
Price: Free+
Zaim
Zaim
Developer: Zaim Inc.
Price: Free+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください