つい無駄遣いしてしまう…コンビニに近づかない4つの方法

「ついコンビニで無駄遣いをしてしまう…」

「コンビニでかなりのお金が飛んでいる…。浪費やめたい!!」

このようについコンビニに立ち寄って無駄遣いしてしまうことはありませんか?自宅や会社近くに少なくとも1件はあり、近くに来たらつい立ち寄ってしまいがち。

1回の額は大きくなくても「ちりも積もれば山となる」のようにコンビニの回数が多くなればなるほど、総額にしてみると高くなってしまいます。

今回はコンビニで無駄遣いしやすい人の特徴やコンビニに近づかない方法をご紹介します。

ついコンビニで無駄遣いをしてしまいませんか?

コンビニは手軽に弁当や飲み物、お菓子などを購入できるため、つい立ち寄ってしまいやすいです。そんなコンビニで無駄遣いをしてしまう人には以下のような特徴があります。

コンビニで無駄遣いをする人の特徴
  • 用もないのにフラッとコンビニにいく
  • ついでに何かを買ってしまう
  • 新製品や限定品を見つけると買いたくなってしまう
  • 割引やクーポンに弱い
  • 欲しい商品があれば少し高くても買う

コンビニは食べ物や飲み物だけでなく調味料や雑誌、マンガなど何でもあるため、なんとなく用が無くても行ってしまいがち。そして気になったものがあればつい何か買ってしまうのです。

また、コンビニは弁当などの入れ替えサイクルが早いため、新商品や限定品のサイクルも早く、そのようなものが大好きな方も無駄遣いしてしまいがちです。

さらにコンビニは割引やクーポンなどを行っていることも多いですので、割引・クーポンという言葉につられてつい買いすぎてしまうという人も多い傾向があります。

このようにコンビニは誘惑が多いところで無駄遣いしやすいお店なのです。

なるべくコンビニに近づかない4つの方法

コンビニをもう利用しないと決めれば無駄遣いを失くすことはできますが、なかなかそういうわけにはいきません。ではコンビニでの無駄遣いを減らすにはどうしたらいいのでしょうか。ここでは6つのなるべくコンビニに近づかない方法をご紹介します。

なるべくコンビニに近づかない方法
  • 月々の利用額を確認すること
  • コンビニのATMを利用しない
  • 日用品はコンビニで購入しないこと
  • 公共料金は銀行口座振替にすること

①月々の利用額を確認すること

まずは毎月コンビニで何を購入していくら使っているのかを確認するのが効果的です。

例えば、コンビニでホットスナックをよく購入するという場合は、ホットスナックの購入を控えるだけでコンビニに行く頻度を大分抑えることができます。また、節約することで、その結果が数字で分かるため達成感を感じやすいです。

コンビニに行ったつもり貯金もおすすめ

月あたりコンビニでいくら使っているのかを確認したら、コンビニでの大体の出費が分かります。ただだからと言ってなかなかコンビニに行く回数を減らせないという人もいるでしょう。

そんなときにおすすめなのが「つもり貯金」です。コンビニに行きたくなるたびに「コンビニに行ったつもり貯金」をするのがおすすめです。ホットスナックをよく購入するなら「アメリカンドッグを買ったつもり!」と108円を貯金箱に入れるのです。

そうすることで無駄遣いを減らせるだけでなく貯金をすることができます。貯金箱に入れることで貯金箱の貯まり具合で結果がわかりやすいのでおすすめです。

②コンビニのATMを利用しない

近くに銀行がないときや急な出費のときに非常に利用しやすいのがコンビニのATMですが、ちょっとコンビニのATMを利用するだけのつもりがついでにちょっと買い物をして無駄遣いをしてしまうという方はコンビニのATMをなるべく利用しないようにすると良いでしょう。

電子マネーやクレジットカードを利用したり、時間のあるときに銀行に行くようにすることで、現金を使わなくなり、さらにATM手数料を節約することができます。

③日用品はコンビニで購入しないこと

コンビニは洗剤などの日用品も取り揃えているため、無くなったときに近くのコンビニで買えるのが非常に便利です。しかし、便利な反面、スーパーやドラッグストアなどと比べるとすこし割高な傾向があります。

そのため、日用品はコンビニで購入しないで、スーパーやドラッグストア、ホームセンターで購入するようにすることで、コンビニに行く回数も減ります。

また、もし毎日の食事をコンビニ弁当で済ませてしまうという方もスーパーの方が弁当も安く、冷凍食品なども充実しているため、弁当と一緒に日用品をスーパーで購入するということができるのです。

こうすることで、コンビニに行くのを減らしつつ、より安く商品を購入することができるのです。

④公共料金は銀行口座振替にすること

電気代やガス代、水道代をコンビニ払いにしていて、払いに行くたびについでに何かを買って無駄遣いしてしまうという方は、振込方法を銀行口座振替にすることで、コンビニに行く回数が減ります。

また、会社によって銀行口座振替にすることで、コンビニ払いよりもひと月あたり数十円安くなるという割引を行っているところもありますので、現金払いやクレジットカード払いよりもお得になる場合は、口座振替に変更したほうが節約にもなりますし、コンビニにわざわざ行く必要もなくなるのです。

みんながコンビニに行かなくなった理由は?

ではコンビニに行かなくなったという人はどのような理由で行かなくなったのでしょうか。SNSでは色々な情報が出ていますので、参考になる情報もあります。

ここではTwitterで参考になったコンビニに行かなくなった理由をご紹介します。

ダイエットで鯖缶とサラダを食べていたら行かなくなった

https://platform.twitter.com/widgets.js

ダイエットで鯖缶とサラダを食べるようにしていたら無駄食いが減ってコンビニも行かなくなったという方がいました!

ダイエットや筋トレなどでできるだけ決まったものを食べるようにしていたらコンビニに行く回数が減るのかもしれませんね。

買ったものが地味過ぎた

https://platform.twitter.com/widgets.js

コンビニでおしゃぶり昆布を買ったときに「なんでもっとおしゃれなものを買わないんだろう…」と悲しくなってから行かなくなったという方も…。ちなみにそのコンビニの店員さんはみんな美男美女だったようでそれなのに自分は…というのもあったようです。なにかきっかけがあるとコンビニに行かなくなるのかもしれませんね。

コンビニは何でもあるため非常に便利なのですが、それが逆に仇となったのかもしれません。

近くに激安スーパーができたから

https://platform.twitter.com/widgets.js

激安スーパーや業務用スーパーは色んなものがすごく安く売られていて非常に魅力的です。実際コンビニでは108円で売っているうどんやそばが80円で売られていたりします。

やはり人は安いものに惹かれますし、節約にもなりますから業務用スーパーを利用するのは非常におすすめです。

レジのおばちゃんに心配されたから

https://platform.twitter.com/widgets.js

週2~3回という結構な頻度でおにぎりを買っていたらレジのおばちゃんに心配されてコンビニに行かなくなったという天文学者の中島淳一さん。おにぎりだけだと栄養が偏ってしまうというおばちゃんの親切心に心を打たれたのではないでしょうか。

確かにコンビニのおにぎりやお弁当では栄養が偏ってしまいますので、なるべく自炊するか定食などを食べるのがいいでしょう。

コンビニに通わなくなると節約もできて健康にも気遣える!

コンビニに行ってカロリーの高いお弁当やホットスナックばかりを買うとお金がかかるだけでなく、太りやすくなってしまいます。また、日用品などを見てみると全体的に割高なので、コンビニは便利な反面無駄遣いが増えてしまいます。

そのため、コンビニに行かなくなったら、「節約ができた」「ダイエットになった」という声も多いです。コンビニで売っているものすべてが悪いわけではないですが、やはりスーパーやドラッグストアと比べると値段的にも食べ物の質的にもコンビニの方が劣りますので、コンビニにはあまり行かないほうが良いと言えるでしょう。

コンビニに行きたくなったら「なんのために行くのか」「他で安く買えないのか」などを考えて決めていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください