『奨学金』充実したプランのあるお得なローン

奨学金

制度について

対象者

経済的理由で就学が困難な学生

補助金額

月額1万~10万円程度(種別や団体によって異なる)

申請方法

各自治体や財団法人、高校・大学などにて申請する

中学校を卒業してからは義務教育ではないため、進学にもお金がかかってしまいます。そのため、お金がなくて高等学校・大学に通うことができないというご家庭もあります。

高校無償化により、高校までは行くことができますが、大学はどうしても学費がかかってしまうため、大学は諦めて就職するという人も多いでしょう。

もしどうしても進学したいという場合は奨学金に申し込むことを検討してはいかがでしょうか。

今回は奨学金の説明と奨学金と教育ローンどちらがおすすめなのか解説します。

奨学金とは

奨学金は進学するために必要な学費や生活をサポートするために作られた制度です。奨学金は主に「貸与型」と「給付型」の2種類となっています。

奨学金について
  • 貸与型:大学卒業後に返還
  • 給付型:返還の必要がない

貸与型の場合は大学卒業後に返還する必要がありますので、できれば給付型を受けられるほうが望ましいです。

奨学金の内容は各団体によって異なる

奨学金は返還の有無や申し込み資格、支給金額などが各団体によって異なりますので、高校在学中に奨学金についてはよく確認することが必要です。また、団体によっては高校在学中に申請をしなければいけない場合がありますので、大学進学を決めたら早めに情報収集をしましょう。

また、奨学金制度の他に、私立大学なら特待生制度を設けている大学もあります。また、国公立大学なら、大学がある地域の出身者を優遇する「地元出身者優遇制度」がある場合もありますので、成績が優秀だったり、地元の大学を受けるなら調べてみるのもいいでしょう。

奨学金の種類は?

奨学金は色々な団体が取り扱っているため、自分に合ったものを選ぶ必要があります。主な奨学金制度は以下になります。

奨学金・団体内容
日本学生支援機構
(旧:日本育英会)
貸与型奨学金

第一種奨学金(無利息)と第二種奨学金(利息付)の二種類で返還が必要。

奨学金制度で最も利用者が多いです。

給付型奨学金の創設

経済的理由により進学が極めて困難な方を対象に給付型奨学金が創設されました。

給付額は月額20,000円~40,000円で一定の学力条件を満たす必要があります。

大学独自の奨学金制度主に私立大学が独自に奨学金制度を設けており、貸与型、給付型の2つあります。

2年生以降の学生が対象になるケースがほとんどです。また、入試で優秀な成績だった受験生が対象の特待生制度により、授業料の一部免除もしくは全額免除になることも多いです。

地方自治体の奨学金制度自治体が設置している奨学金制度で、保護者がその自治体に住民登録をしていることが条件です。貸与型が多く、日本学生支援機構の奨学金と併用ができないこともあるため、よく調べましょう。
民間団体・その他保護者が事故や病気で亡くなったり、障害を負ったなどの場合に子どもを支援する団体の奨学金制度(「あしなが育英会」や「交通遺児育英会」など)や新聞配達員をすることで奨学金が受けられる新聞奨学生制度などがあります。

奨学金比較

奨学金は種類や団体などで支給額が変わります。ここでは奨学金を比較しました。どの奨学金にしようか迷っている方は参考にしてみてください。

日本学生支援機構第1種奨学金利息が付かないタイプの奨学金
支給金額は3万円~6万4,000円
第2種奨学金利息あり(在学中は利息発生なし)
月額3万円~12万円
入学時特別増額奨学金10万円~50万円
給付型奨学金団体・大学など公益財団法人電通育英会:月6万円
慶應大学学問のすゝめ奨学金:年額60万円~
各団体・大学によって異なる

奨学金と教育ローン借りるならどっち?

貸与型の奨学金に申し込もうと考えたときに、調べてみると教育ローンもあることがわかりますので、どちらにしたらいいのか迷ってしまう方も多いでしょう。

貸与型の奨学金と教育ローンならできれば奨学金を借りることをおすすめします。

奨学金と教育ローンの比較

奨学金教育ローン
借主大学に通う学生学生の両親
利息の発生時期卒業後借りた翌日
利率(年率)0.01%1.78%

奨学金と教育ローンを比較してみると、利率が圧倒的に違うことや、利息の発生時期が違うこと、そして借主の対象が違うことがわかります。

奨学金はあくまで学生が対象ですので、返済能力のない時期として考えられる大学在学中は返済の必要がありません。しかし教育ローンの場合、借主が両親になるため、借りた次の日から利息が発生し、返済する必要があります。

このように見ると利率では教育ローンより奨学金の方が得ですが、返済プランをしっかり立てて考慮するようにして下さい。

また、返済の負担を少しでも軽くするために、教育ローンと給付型の奨学金を組み合わせて利用するなどといった方法もあります。併用は可能ですので、そこも踏まえて考慮すると良いでしょう。

注意

奨学金は学生本人名義で借りるということもあり、すなわち安定的に収入を得られる社会人になる前に借金を抱え込むことになります。自己破産に陥る事例もあり、申し込む際は必ずご家族と共に将来の返済プランをきちんと考慮するようにして下さい。

奨学金の申請方法は?

日本学生支援機構の奨学金の場合は、在籍している高校や大学から申し込みます。

申し込み方法は高校在学中に大学入学後に受け取る奨学金をあらかじめ予約する「予約採用」と、大学進学後に申し込む「在学採用」の2つあります。

大学入学すぐに奨学金を受け取りたければ「予約採用」がおすすめです。ちなみに「在学採用」は大学入学直後に募集が開始され、大学を通じて申し込みを行います。

大学独自の奨学金制度は受験のときに「奨学生」の募集かけられたり、大学入学後に申し込んで面接などで支給が決まることがあるなど大学によって異なります。

志望校の奨学金を受けたい場合はどのように申し込むのかなどしっかり調べておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください