新卒1年目で100万円貯金するために実行した7つのこと

私は新卒1年目の1年間で、貯金が120万円くらいになったので、せっかくだからどんな方法で貯金できたのかを書き留めておきたいと思う。

はじめに

真っ先に考えてほしいこと

まずあえて問うが、そもそも100万円も貯金する必要があるのか、考えて欲しいところである。

せっかく初めて貰う給料なのだから積極的に使うのも有りだし、若くてリスクが低い今だからこそ色んな物にお金を払う考えも全然有りだ。

まずはなぜお金を貯めたいのか、なんのためにお金を貯める必要があるのか、充分に考えてほしいと思う。

その上でやっぱり100万円は貯金したいなと感じた人は、是非読み進めてほしい。

もちろん、目標が50万円でも10万円でも、参考にはなるかと思うが。

 

また、貯金は常に長期的視野を持って取り組んで欲しい。

『新卒で』100万円貯金することに意味はあるのか、考えて欲しい。例えば奨学金を貰っていた人とか、なにか負債を抱えている人は真っ先に返済したいだろうし、そう考えると100万も貯金する意義はないかもしれない。自分の価値観と状況を鑑みて、どうしたいのかを考えて欲しい。

当時の私のステータス

念のための言うと、私は苦しみながら100万円貯金を達成したわけではないことを、あらかじめ伝えておきたい。

当時のステータスを簡単に振り返ると、学部卒で入社し、新卒1年目の給与は額面で20万5千円。税金とかいろいろ引けば16万とか。明らかに低い。足りない。なので、皮肉ではあるが日本では一般的で平凡な給与を貰っていた。

それでもなお、100万貯金することができた。

趣味にたくさんつぎ込めた上で、100万円貯金を達成しているのが事実だ。だから満足は非常に高く感じている。

映画館にも10回行ったし、国内温泉旅行や、4泊6日でハワイにも行った。

また、勉強にも精を出せた。TOEICの勉強等、資格取得のためにお金をつぎ込んだし、書籍も50冊ほど購入している。

公私共にに満足しつつ、100万円貯めることができたのは、大きな自信になった。

とはいえ、大きな負債や固定費がなかったのが100万円貯めることができた大きな要因となっている。

「奨学金」はなく、学費は全て両親に払って頂いた、これが大きい。

また、入社先は残業代・交通費が全て払われ、寮費が電気代・ガス代・水道代等・食堂台(食費)もろもろ含めて月2〜3万程度で済んだ。これもまた大きすぎる要因だ。

貯金とは何か。100万貯めるとはどういうことか。

貯金するとは、どういうことか。

簡単に言えば『収入−支出』をプラスにすることである。

極めてシンプルなこの方程式を生活に落とし込めば、誰だった貯金することが可能だ。

これを、1年で100万円貯金したいなら、

『年間の収入−年間の支出=100万円』とすれば良い。

つまり、月1で収入が入る一般人であれば『月収−月の支出=8.4万円』とすれば良い。

ボーナスがある人はそれを考慮して、月の目標貯金額とボーナスでの目標貯金額を分ければいい。月6万貯金して、ボーナスで30万貯金する、とか。

100万円貯金するための行動

では実際にどのような行動をして、どのように貯金していったのかを具体的に記していきたい。

目標額を設定した

私は入社した4月に、『1年目で100万円貯める』と明確に目標額を設定した。もちろん、冒頭で述べたように自分が置かれている状況・ステータスを考慮して、100万ならいけそうと考えた結果、そう設定した。

その目的は、当たり前のことを言うが、今後のライフイベントに備えたいためだ。天才はこういう考えを強く否定するが、一般ピーポーの私にそんないきなり成功するなんて厳しいし、貯めないという発想は浮かんでこない。堅実に貯めるのが、今の私には最適の道なのだ。

また、目標を設定「する」と「しない」で、結果はまったく変わってくると考えている。

目標額を設定するからこそ、ではどのように貯金するか、手段やアイデアが思い浮かんでくるのだ。何も考えずに暮らしていると、そもそも自分は今いくら貯まっているのか、現状が分からないだろうし、確認することもないかもしれない。そしてあっという間にお金が底をつく人だっていたりする。それは極めて危険だ。

併せて、毎月大体7万円貯金できればいいかなと考えていた。残りはボーナスで補えばいいと思ったからだ。

 

貯金について勉強した

目標額を設定したところで、そもそも世の中にはどのような支出の機会があり、またどのように貯金をしていくか学ぶ必要があると感じた。そもそもアルバイト以外で初めて安定的な収入を得ることができるようになるし、親元を離れて寮生活を始めるなど暮らしも一変するし、生活の周りのお金に関連することを知っておきたかった。

それで何を買ったかというと、以下だ。マンガ形式で分かりやすく、初心者にもとっつきやすい内容になっている。

これで生活に必要なお金についての知識は最低限学ぶことができたので、何も知らない!という方には強くオススメしたい。

家計簿をつけた

お金を貯めたい人に一番オススメしたい習慣が、「家計簿をつける」ことだ。

「ダイエットをしたい人」に真っ先にオススメするのが「毎日体重計に乗る習慣をつける」ことと同じく、貯金したければ毎日家計簿をつけて、お金の出入りを知ることが何より重要だ。

私はモバイル世代なので、とりあえず流行りの家計簿アプリを導入した。

『Zaim』は自分的には使いづらく、『マネーフォワード』に落ち着いた。当時のUIとデザイン性が勝負を決めた。マネーフォワードはかなり見やすい。

毎月の黒字額が把握できることで、翌月のプランを練ることができる。

たとえば7月に6万しかプラスにならないと分かれば、8月はちょっと支出を抑えて8万貯めようとか、そういう策を練れる。把握できるからこそ、この考えも思いつくから、まずは家計簿をつけることを推奨したい。

 

習慣をつけるにあたってのポイントは、細かくきっちりつけようとしないことだ。

まずはもうなんでもいいから入力すればいい。ざっくりでいい。交通費に165円かかってもざっくり170円くらい入力してもいい。いちいち「食費」だの「交通費」だのとカテゴリ分けしなくてもいい。まずは収入と支出がある程度、把握できればいい。極論を言えば自分が毎月赤字なのか黒字なのか知ることができればOKだ。

なぜならルールを設けすぎると段々と面倒くさくなって習慣づかないから。まずはざっくり。これを意識して取り組んで貰えればいいと思う。

 

クレジットカード主体の生活に切り替えた

これまでは現金主体だったが、クレジットカード主体の生活に切り替えた。

理由は、家計簿がつけやすかったから。現金での支出だといちいち自分で入力する必要があるのだが、クレジットカードであれば、一度マネーフォワードと連携さえすれば全て自動で入力してくれる。かなり楽だ。

「クレジットカードだと使用額がよく分からなくて多く使ってしまう」とよく言われるが、全て明細に落とされるという点でかなりクリアになる。また上記のマネーフォワードと連携することで、取引が発生した時点で負債額を反映してくれるから、こまめにチェックすれば大きな負債を抱え込む心配もない。そうなるとむしろ現金のほうが動きが把握しづらいかもしれない。

最近は『iD』や『Quick Pay』も普及し、サインや暗証番号入力する面倒臭さも解消されてきた。ポイントも貯まりやすく、クレジットカードに切り替えるだけで沢山のメリットを享受できたと思っている。

私の場合は以下の理由でオリコカードに決めた。

 

  • 『iD』『Quick Pay』に対応している
  •  ポイント還元率が高い(1.0%)
  •  Amazonをよく使う

 

新卒だと宴会の幹事も多くて、その分立替金を払うケースも増える。その時にどのクレジットカードを使用するかで、ポイントの恩恵も相当変わってくる。早めの契約をおすすめする。

ちなみに私はオリコの入会キャンペーンなどもあり、結局初年度だけで2万ポイントくらい貯まったものだから、それだけでもおすすめしたいところだ。

 

お金を強制的に使えなくした。

お金を強制貯金し、使用できなくする。もともと無いように見せかける。よく勧められる手段だが、効果は極めて大きい。

手段はいくつかあるが、私が取った手段が『財形貯蓄』『確定拠出年金』だ。

財形貯蓄は有名だろう。企業の給与振り込み前に事前に財形貯蓄として引き落としてくれ、引き出す手続きをするまで自分の口座には入らないので、なかなか使用できない。

参考 財形貯蓄ダイヤモンド・オンライン

 

確定拠出年金は毎月の設定額に基づいて、どこやらの運用会社が勝手に投資を進めてくれる制度。60歳まで引き落とせいないハードモードな制度であるが、年金に期待できない現代において期待されている制度の1つなのだ。

参考 わかりやすく解説!はじめての確定拠出年金りそな銀行

 

私は財形貯蓄については毎月4万、ボーナスで6万設定しておいた。また確定拠出年金は毎月1万円を設定した。これで『(4万×12ヶ月)+(6万×2回)+(1万×12ヶ月)=72万円』と、目標額の72%を一気に達成してしまった。生活に困窮して財形貯蓄の引き出し手続きをしない限り、あっと言う間に目標の7割を達成できるのだから、なんと容易なことか。

毎月いくら残しておきたいかにもよるが、ある程度使用できないお金を作ってしまうことで、目標を達成しやすくなる。特に毎月のやりくりが下手くそな人には極めてオススメしたい。

 

格安SIM(MVNO)に切り替えた

高額な固定費の1つに通信費がある。スマホが普及した今、ここを如何に安く抑えるかで年間の固定費に大きな影響を及ぼすだろう。

3大キャリアは今こそ多少安くはなったかもしれないが、やはり高い。私が契約していた2年縛りも丁度終了したということで、さっさと格安スマホMVNOに切り替えることにした。

当時はちょうど普及し始めたということで選択肢も少なかったが、通信大手のインターネットイニシアティブが提供する『IIJmio』と契約した。

参考 音声通話機能付きSIM みおふぉんIIJmio

 

音声通話+データ通信(5GB)で毎月約1900円。かなり破格の値段である。

5GBでは足りないというのが正直な所であるが、ポケット型のwimaxと別途契約(毎月約4500円)し、ほとんどをこちらでまかなっていることから全く問題ない。むしろ5GBがかなり余ってきているものだから、さらに安いプランに変更しようか検討中だ。

結果、通信費の総額は毎月約6500円ほど。普通に契約すると、自宅のインターネット回線台で1万円を超えてしまうケースが多いことから、かなり削減できる。格安simとはいえ通信に不満は全くなく、安心して使用できている。是非検討して欲しいところだ。

 

保険に入らなかった

入社して早速保険の案内とかが来たのだが、一切入らなかった。今なら何が起きても大した迷惑などかからないから。この時点で新婚+子持ちとかであれば考慮が必要であるが、独身である私に保険など必要ないのだ。

例えば医療であれば『高額療養費制度』がある。高額な医療費を払ったとしても、制度を利用することで払い戻しを受けられる。こうした制度を知っておけば、いま保険など必要ないことに気がつく。

参考 ご存知ですか?高額療養費制度ソニー損保

 

国や自治体から補助を受けられる制度は、意外にも多い。知られていないだけで実はいつの間にか手続きせずに損していたりするから、気をつけたいところだ。私は以下を読んで学習した。まだ使用する機会がないのだが..

 

 

おわりに

「行動一つで結果が変わる」。貯金や節約に関しては何か行動すればすぐに結果として表れる。成果として見やすいことから、そしてお金であるということから、結果として表れるとモチベーションにも繋がる。

挙げさせて頂いた7つを着実に実行することで、貯金は捗ることと思う。

100万あっても何か変えられるかというと何も変わらない。心に余裕が生まれるかというと、大して生まれない。

ただ目標を達成できたという実感と、着実にお金が貯まってきているという実感だけはあった。そしてこれからもっと稼いでもっと貯めようという意識も芽生えた。悪くない。

いきなりすべてを実行するのは難しいかもしれないが、1つ実行するだけでも充分に効果は得られるはずだ。ぜひ何かしらの行動をして頂ければ、こちらとしては幸いである。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください