Macを使うならぜひ覚えておきたいショートカット20選

Macを使うにあたり、20のキーボードショートカットはとにかく覚えましょう。

ウィンドウを操作するショートカット

ウィンドウを操作するショートカット
事項方法説明
アプリケーションを終了するcommand+QMacはWindowsと違い、左上の赤い×ボタンを押しても実際にはアプリは消えずにバックグラウンドに常駐していることがありますので、バッテリー節約のために必要なショートカットです。
ウィンドウを閉じるcommand+Wタブブラウザではタブを閉じるときもこのショートカットを使います。
全ウィンドウを閉じるcommand+option+Wブラウザでは一度で全てのタブを閉じることができます。
ウィンドウをDockにしまうcomman+MDockにウィンドウをしまうショートカットです。ただしMissionControlの使い勝手が良くなったことで使用頻度は少なめ
アクティブウィンドウを隠すcommand+Hアクティブウィンドウを隠すことができます。誰かが後ろにきたらすぐに隠すことができます。

Finderやアプリケーションで使用するショートカット

Finderやアプリケーションで使用するショートカット
事項方法説明
コピーするcommand+Cコピーするときに使う機能です。
切り取るcommand+X切り取るための機能です。
貼り付けるcommand+V貼り付けるための昨日です。
全てを選択するcommand+A文章などを全て選択するときに使う機能です。
表示内容を更新するcommand+R表示内容を更新することができます。ブラウザ上では再読み込み、iTunesのAppではアップデートの確認ができます。
保存するcommand+S上書き保存になります。shiftも押すと別のデータとして保存できます。
印刷するcommand+P印刷するときに使用する機能
ファイルをゴミ箱に移動command+deleteファイルをゴミ箱に移すことができます。
新規Finderウィンドウを開くcommand+N新規Finderウィンドウを開く機能です。ちなみに新規Finderのウィンドウの大きさは最後に閉じたFinderウィンドウに依存します。
ファイルを複製する command + D保存ダイアログを表示しているときはデスクトップを選択すること。デスクトップにまず保存してから整理する方におすすめ。
エイリアス(ショートカットフォルダ)を作成するcommand+Lショートカットフォルダを作成できます。
検索する
command + Fドキュメント内の検索ができます。ブラウザを使用したときは画面内のキーワードが検索できます。

ファイルの情報を見る

command + IiTunesで曲を選択しているときにこのショートコードを使用することで、局情報の確認編集画面を開くことができます。
ファイルのリネームreturnWindowsから移行した人は戸惑うところですが、Macではreturnはファイル名を変更するボタンです。
新規フォルダを作成するcommand + shift +Nファイルを整理するときに便利です。
カーソルの右側の文字を削除するcontrol + Dカーソルの右側にある文字を削除できます。慣れるとdeleteキー押すよりも早いです。
カーソルの右側の文字を全て削除するcontrol+Kカーソルの右側にある文字を全て削除できます。
カーソルを行頭に移動するcontrol + Aカーソルを行頭に移動させることができます。
スクリーンショット(全画面)を撮影する
command + Shift + 3スクリーンショットができます。
スクリーンショット(選択範囲)を撮影する
command + Shift + 4選択した部分のスクショをとることができます。
ゴミ箱を空にするcommand + shift + deleteショートカットキーを押すと、削除する前に「本当に削除しますか?」が出ます。
ゴミ箱を確認なしで空にする command + shift + option + delete確認なしでゴミ箱を空にすることができます。
 

アプリケーションの切り替え

command + Tabアプリケーションの切り替えやデスクトップ間の移動ができます。shiftを同時に押すと逆方向にスクロールできます。
 ホームフォルダを開く command + shift + H新規Finderウィンドウのデフォルトがホームな場合は意味がありませんが、素早くホームフォルダにアクセスできます。

Spotlightを開く

 

control + spaceSpotlightを開くことができます。よく使う人には非常に便利です。

ユーティリティフォルダを開く

 

command + shift + Uユーティリティーフォルダを開くことができます。
 メニューに移動する control + F2マウスやトラックパッドを就かないで、メニューを選びたいときに便利です。
 アプリケーションフォルダを開く command + shift + Aアプリケーションフォルダを開けます。
関連したアプリケーションで開く  command + Ocommand + ↓でも同じショートカットができます。
アプリケーションの環境設定を開く  command + ,アプリケーションの環境設定が開けます。
 Finderで上の階層に移動する command + ↑カラム表示にしているなら←のキーだけでも上位に移動可能です。

画面の色を反転

 

command + Control + option + 8使用頻度は多くないものの、テキストなどが読みにくいときに使用すると便利です。

困ったときのために覚えておきたい起動に関するショートカット

困ったときのために覚えておきたい起動に関するショートカット
事項方法説明
PRAMクリア
command + option + P + R起動するときにこれらを押したまま起動します。起動音が2回するまで行うこと。Macでなにか不具合があったときはまずやってみましょう。
CD/DVDから起動 電源 → C電源ボタンをおしてすぐCキーをリンゴマークが出るまで押し続けます。Lionの場合はcommand+Rを長押ししたまま起動をすることで、Apple_Boot Recovery HDから起動できます。
ターゲットディスクモードで起動する電源 → T電源ボタンを押したらすぐにTキーをFirewire(thunderbolt)のマークが出るまで押し続けます。Macを外付けHDDのように外部からアクセスすることができます。

大容量データを以降したいときに便利です。

強制終了command + option + escフリーズしたときに強制終了できます。

全部を一変に覚えるのは難しいため、使いながら覚えていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください