タイピングを速める7つのコツは?

ネット社会になった日本において仕事でもパソコンを使った業務を行うという人も多いでしょう。社会人としてある程度タイピングは早いほうがいいですし、日常的にパソコンで作業をする人もタイピングをもっとうまくして時間を効率的に使いたいと思うでしょう。

タイピングは練習あるのみですが、コツがないとなかなかうまくなりませんし、ブラインドタッチができるようになるまで努力が必要です。

そこで今回はタイピングを速める7つのコツをご紹介します。ブラインドタッチだけでなく、さまざまな方法でタイピングをもっと早く行うことができますよ。

タイピングが速い人と遅い人は何が違うの?

ではタイピングが速い人と遅い人は何が違うのでしょうか。タイピングが速い人にはいくつか共通点があります。タイピングがうまくなるにはうまい人を真似てみることがおすすめです。そのため、まずはタイピングが速い人の特徴を見てみましょう。

タイピングが速い人の特徴
  • キーボードの位置を覚えている
  • 文章をすぐに考えることができる
  • パソコンの使用頻度が多い

キーボードの位置を覚えている

タイピングが速い人はキーボードのどの位置にどの文字があるのかをしっかり覚えています。ブラインドタッチができるので、キーボードをわざわざ見ないでタイピングを行うことができるため、速く打つことができるのです。

タイピングが遅い人は文字を打つときにキーボードを見ながら打ったり、キーボードとディスプレイを交互に見ながら打っているため時間がかかります。

キーボードの位置を覚えていないと打ち込みたい文字を1つずつ探しながらタイピングしなければならないため、どうしても時間がかかってしまいます。キーボードを見ないでディスプレイに集中させることで、速く打つことができます。

文章をすぐに考えることができる

タイピングが速い人は文章を考えるのも早いです。文字を打つ仕事はデータ入力や音声データの文字起こしなどの自分で文章を考えないで行う仕事と、企画書やレポートなどの自分で文章を考える仕事に分けられます。

自分で文章を考える仕事でタイピングが速い人は自分が伝えたいことを素早く言語化する能力に長けています。自分で素早く考えることができればそれだけタイピングも速く行うことができます。

パソコンの使用頻度が多い

タイピングが速い人は、普段パソコンの使用頻度が高く、普段からタイピングをしていて経験が豊富であることが挙げられます。パソコンを使用する環境にいれば、自然と速くタイピングを行うことができるでしょう。

タイピングを速める7つの方法は?

ではタイピングを速めるにはどうしたらいいのでしょうか。ここではタイピングを速める7つの方法をご紹介します。

タイピングを速める7つの方法
  • 単語登録する
  • テンプレ化する
  • ショートカットする
  • 打ちやすいキーボードを買う
  • タッチタイピングで練習
  • 音声入力を使う
  • 他の人に頼む

単語登録する

タイピングをしていて、長い単語を打ったり、一発変換ができない単語を打つときにめんどくささを感じる人も多いのではないでしょうか。もし使用頻度の高い長い単語や一発変換ができない単語がなければ、単語登録をして簡単に変換できるようにしましょう。

単語登録はパソコン右下にある「あ」や「A」となるところを右クリックすると一覧の中に「単語の登録」ありますので、そこをクリックして単語を登録していきましょう。

テンプレ化する

また、目的別に文章を書く場合、その文章構成をテンプレ化してしまうと、後でスムーズに作成することができます。目的によって数パターンテンプレートを用意しておき、そのブロックごとに記事を作成して臨機応変に組み替えて一つの文章を作っていくのです。

テンプレ化にすることで一から構成を考える必要がないため、よりスピーディーに記事を作成することができます。

ショートカットする

同じような文章を書くことが多いのであればショートカットをするのもおすすめです。

ショートカットでクリップボードに文章をコピーすることができ、さらに切り取ることもできます。そのため、一度書いた文章を入れ替えたいときにおすすめです。

ただし、クリップボードの履歴を残すことができないため、Cliborというクリップボードの履歴を管理できるフリーソフトを入れておくことをおすすめします。

打ちやすいキーボードを買う

キーボードはメーカーや機種によって使用感が変わってきます。そのため、使い慣れているパソコンから新しいパソコンにしたときや、会社のパソコンのキーボードが使い慣れないときは思い切って打ちやすいキーボードにするのがおすすめです。

別売りのキーボードはさまざまな種類がありますので、自分が使いやすいキーボードを探してみると良いでしょう。

タッチタイピングで練習

タッチタイピングで練習をすることでタイピングを速くすることができます。いわゆるブラインドタッチというものでキーボードを見ないで正確にタイピングすることを言います。

ブラインドタッチはキーボードの文字列を覚える必要があり、何度もタイピングの練習をしてなれる必要があります。

ネットには無料タイピング練習ゲームがありますので、そのようなものを活用して何度も練習しするといいでしょう。

音声入力を使う

ブラインドタッチで素早くタイピングを行うのとは方法が違いますが、音声入力を使うことで実際に手でタイピングするよりも早くタイピングを行うことができます。

音声入力ソフトを利用することで言葉で話すことでコンピューターが認識をして文字をタイピングします。

ソフトは色々ありますが、主なものとして以下があります。

音声認識ソフト
  • Google音声入力
  • Windows音声認識
  • AmiVoice(市販ソフト)
  • ドラゴンスピーチ(市販ソフト)

Google音声入力とWindows音声認識は無料ソフトで、AmiVoiceとドラゴンソフトは有料ソフトになります。特にGoogleは無料の音声入力ソフトですが、認識制度が非常に高いという評判を得ています。

ただし、Google音声入力は「句読点の自動入力」や「テキストエディタやWordなどに直接入力できる」などができません。本格的に音声入力ソフトを使用したいのであれば市販ソフトを利用したほうがいいでしょう。

なお、音声入力を使用する場合はヘッドセットやマイクを使用しましょう。

他の人に頼る

もういっそのこと割り切って書くこと自体をやめることも手です。最近では外注やAIも充実しているため、外注できるところは頼むのが良いでしょう。書くことをやめてタイピングに集中すれば、嫌でもタイピングが速くなります。

AIに頼ってみる

最近ではタイピング速度が上昇するAIを活用したタイピング練習サイトがあります。AIを利用することで、効率的にタイピングを上達させることができます。どうしてもタイピング速度を上達させたい方はAIに頼ってみるのがいいでしょう。

ブラインドタッチの練習はひたすら打つのみ!

音声入力や単語登録、ショートカットはあくまでも補助できなものになりますので、やはりブラインドタッチを習得したほうが良いでしょう。ブラインドタッチのポイントは主に以下になります。

ブラインドタッチを習得する方法
  • キーボードをできるだけ見ない
  • 指を置く基本のポジションを覚える
  • 正確さを重視すること
  • 姿勢を正すこと
  • 無料タイピングサイトで繰り返し練習すること

キーボードをできるだけ見ない

タイピングが遅くなるのはキーボードを確認しながら打っていることが原因です。そのため、できるだけキーボードを見ないでディスプレイだけを見ながら打つことでタイピングを速くすることができます。

ブラインドタッチはキーボードの文字列を覚える必要がありますので、最初はゆっくりキーボードを見ないで打てるようにしましょう。

指を置く基本のポジションを覚える

タイピングは指を置く基本のポジション「ホームポジション」があります。タイピングするたびに置く場所を変えていると、いつまでもキーボードの場所を覚えることができません。

基本のポジションを覚えて、指の運び方を習得することでタイピングをスムーズにすることができます。

正確さを重視すること

ブラインドタッチでいかに速く打とうかが重要だと思う人がいますが、実際はいかに正確に打てるかどうかの方が重要です。

いくら速く打てても文字を間違えてばかりだと何度も入力したり、削除したりで結局時間がかかってしまって意味がないです。そのため、ブラインドタッチではまずはゆっくりでも良いので正しく打てるように練習しましょう。正しく打てるようになったら少しずつ速く打つようにしましょう。

姿勢を正すこと

ブラインドタッチで早く打つには姿勢も非常に重要です。姿勢が悪いとうまく打つことができません。

パソコンを使った作業での姿勢の正し方は以下になります。

正しい姿勢について
  • ディスプレイより視線の高さを低くする
  • 目とディスプレイは40㎝以上あける
  • 肘の角度は90度以上で
  • 椅子に背中をつけないで背筋を伸ばす

無料タイピング練習サイトで繰り返し練習すること

インターネットには無料のタイピング練習サイトが数多くあります。ゲームになっていたり、ただひたすらタイピングするものまで様々です。仕事の合間やお家でタイピングの練習を繰り返しすることで、ブラインドタッチを身に着けることができるでしょう。

速くタイピングできるようになって時間を有効活用しよう!

タイピングに時間がかかると文書作成などに時間が余計な時間がかかってしまいます。タイピングが速ければ速いほどそれだけ時間を有効活用することができます。素早くタイピングすることに憧れを持っている人も多く、ブラインドタッチができる人はかっこよく見えるものです。

今回はブラインドタッチ以外のタイピングを速くする方法をご紹介していきましたが、音声入力はそもそもタイピングをする必要がないため、音声入力ができる自宅や職場で行うと良いでしょう。

タイピングは練習あるのみですので、単語登録やショートカットなどをうまく利用しつつタイピングを練習していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください