家計の固定費とは?固定費を削減すれば節約になる!

お金がないから貯金をしたいけど、どうしたらいいのかわからない!と悩んでいる人はいませんか?お金を貯める方法としては収入を増やすか、家計からでる支出を減らすかの2つが考えられます。

もちろん再就職や転職、副業など、思ったような収入を確保できるのであれば何も問題はありません。しかし、小さい子どもがいて働けない方や親の介護があって仕事をやめなければいけない方など家庭によって事情もさまざまです。

そんなときに貯金をするとしたら支出を減らすしかありません。

「また今月も赤字!!お金がない」と頭を抱える前に、まずは固定費を見直してみるのがおすすめです。

今回は固定費を節約する方法についてご紹介していきます!

固定費の出費がかなり大きいかも?と思う方はぜひチェックしてみてください!

そもそも固定費とは?

そもそも固定費とは何なの?と思う方もいるかもしれません。「固定費」は毎月かかる一定額の支出のことを言います。

家計は固定費と変動費の2種類がある

家計における出費は固定費と変動費の2種類です。それぞれの違いは主に以下になります。

家計の固定費と変動費
  • 固定費:住居費、通信費、保険料、光熱費、お小遣い、習い事代など
  • 変動費:食費、服飾費、日用品代、レジャー費、医療費など

固定費は家賃や水道代、電気、スマホの通話料金など毎月かかってくるもののことを指します。これらの料金は季節的なものや利用頻度によっての変化はありますが、大きく料金が変わるものではありません。

それに対して変動費は毎日の食費や服や日用品を購入したりなど、ひと月によって料金に差が出やすいものです。特に服飾費は購入する月もあればまったくかからない月もあります。

節約するなら、まずは固定費から

主婦の多くは節約のために変動費から手をつける傾向が高いです。例えば食費を削ったり、レジャー費を削るなどする方が多いでしょう。変動費を節約することは、我慢することも多く、その分ストレスがたまりやすいです。

固定費は手続きなどを必要とするため、一時的に労力がかかってきますが、一度削ってしまえば長く節約することができますので、結果的には非常に楽に節約することができます。

節約効果の高い固定費をチェックリストにしてみた!

固定費でも色々ありますのでどこから手をつければ良いのかわからないという方もいるでしょう。ここでは固定費を節約効果の高い順にチェックリストにしてみました。

節約できる固定費チェックリスト
  1. 住居費
  2. 自動車費
  3. 通信費
  4. 保険代
  5. 教育費
  6. 税金

これらが削減することができる固定費ですが、どのように節約すればいいのか1つずつ次で説明していきます。

住居費

家計のうち大きな割合を占めるのが住居費です。住居費は賃貸の場合と一軒家の場合で節約の仕方が変わってきます。

賃貸の場合

家賃は手取りの3割が良いとされています。もし手取りの3割を超えていたら、今よりも家賃が安いところへの引っ越しを考えたほうがいいでしょう。

例えば、手取り20万円なら6万円程度の家賃なら、ある程度余裕のある生活ができます。

勤務先までの距離や子どもの幼稚園や小学校までの距離を考えつつ周辺の相場を確認して、もし周辺の賃貸住宅よりも高ければ大家さんに家賃を下げられないか交渉してみましょう。無理であれば引っ越し先を探しましょう。

市営・県営住宅、会社の社宅などは家賃が格安であることも多いため、普通の賃貸住宅だけでなくそれらの住宅も検討してみましょう。

住宅ローンを見直す

もし持ち家に住んでいるという方は金利が安くなったときに住宅ローンを一度見直してみるといいでしょう。

住宅ローンの借り換えを行っている銀行も多いですので、金利の安い銀行への借り換えを検討してもいいでしょう。借り換え時の手数料にはくれぐれも気をつけてくださいね。

自動車費

次に節約できるのが自動車代です。自動車代の節約は自動車保険を見直すか、マイカーを手放すしかありません。

自動車保険を見直す

1年に1回見直す自動車保険。それでもいちいち見直すのが面倒でずっと同じ保険に入り続けている方も多いのではないでしょうか。

自動車保険比較サイトで自動車保険を比べてみると、一度入力しただけで自動車保険の最安値が分かります。

更新の時期に一度見直して今の保険よりも保険料を抑えられるプランがあればそちらにするといいでしょう。

また、夫婦限定や年齢限定で安くなるプランもありますのでそちらもチェックしてみましょう。

マイカーを手放す

田舎など車がないと生活できない場所だとマイカーを手放すのは難しいかもしれませんが、もしマイカーが無くてもある程度生活できる場所に住んでいるのであれば、マイカーを手放すことを考えましょう。特にマイカーを複数台持っている場合に検討するのがおすすめです。

なお、車を1代所有するにあたってかかる費用は以下になります。

MEMO
  1. 自動車税:45,000円
  2. 任意保険:70,000円
  3. 車検費用:60,000円(1年あたり)
  4. タイヤ代:40,000円(3年に一度で1年あたりの費用)
  5. スタッドレスタイヤ代:40,000円(3年に一度で1年あたりの費用)
  6. ガソリン代:5,000円

タイヤの交換の頻度やガソリン代によって変動はありますが、概ねマイカー1台所有するのにこれだけかかるのです。また、車のローンが残っている場合は別途で車両費も必要です。

通信費

通信費は主にスマホやネットの月々の料金になります。通信費はどこも大体同じように思えますが、節約することができます。

スマホのプラン変更やオプション解約をする

近年格安スマホが人気ですが、まず今使っているスマホのプランの変更をしたり、利用していないオプションを解約するだけでも、1,000円~2,000円安くすることができる可能性があります。

また、契約更新の月は解約金がかからないため、契約更新月になったら買い替えや乗り換えを検討しましょう。

スマホを乗り換えてみる

格安スマホが安いと人気になっていますが、人によっては大手キャリア(au・docomo・softbank)を利用したほうが安いこともあります。

また、乗り換えをすると下取りをしてもらえたり、キャッシュバックの特典がついてくることも多いですので、それらの特典も上手く利用してスマホ大を節約しましょう。

スマホとインターネットのセット割にする

大手キャリアなどではインターネットとスマホ、固定電話とインターネットとスマホなどをセットで利用することで割引が適用されるプランをやっているところも多いです。セットプランを利用することで、5,000円以上節約できる可能性があるため、更新時期などに比較してみるといいでしょう。

保険代

保険料も保険会社によって変わってきます。この保険料は固定費の中でまず削減しようと紹介しているサイトも多いです。

保険の無料相談をしてみる

「保険見直し本舗」など保険の無料相談をしている会社のCMを見たことはありませんか?もし保険に入っているのであれば、保険見直しをしてくれるお店に行って保険を一度見直してみましょう。

本当であれば保険に入らずに一生健康でいられるのが一番節約になるのですが、全く保険に入らないのは将来何かあった時に不安です。

保険は素人が比較するのは難しいですので、保険の無料相談で相談して自分にあった保険をみつけましょう。

共済にする

保険にこだわりがなく、できるだけ安く抑えたいのであれば共済がおすすめです。月々1,000円からで保証が受けられます。

特に共済は子どもの医療保険はかなりおすすめですので、お子さんがいるご家庭は共済を考えましょう。

ただし共済は年齢が上がれば上がるほど保証内容が下がってしまうため、年齢によっては一般の医療保険にしたほうがいいこともあります。この辺は保険の無料相談で算出してもらって相談しながら決めましょう。

教育費

学校や塾、習い事など子どもの教育費もなかなかかさみます。教育費で削減できるのはなんなのでしょうか。

子どもの習い事をやめる

親としては子どもには好きなことをやらせてあげたいと思うものです。しかし、教育費や習い事代が家計に負担をかけているのであれば、やめることも必要です。

子どもが嫌がる可能性もありますので心が痛みますが、嫌々行っているなど特別やりたいものではなければやめてしまっていいでしょう。

習い事代については始める前に習い事の予算を決めると後でやめないといけないということになりにくいです。また、あらかじめ決めておくことで、「将来のためになるかもしれない」「お友達の○○ちゃんも通っているから」などというあいまいな理由で始めるのも防げます。

もちろん習い事は親も同じですので、月謝を払っているのに行っていないというような習い事はすぐにでもやめましょう。

税金

税金はなかなか節約することはできませんが、ふるさと納税を利用することで節税になります。

ふるさと納税とは

ふるさと納税は年間2,000円程度自己負担することで、ふるさと納税をした地域の返礼品がもらえるというものです。

返礼品は地域の名産品やビールなど色々あります。中にはお米30㎏やお肉5㎏がもらえたという人もいます。

固定費を削減すれば100万円以上節約できるかも!

固定費を削減することで、100万円以上もの節約ができる可能性があります。特に負担額の大きい住居費や自動車費などを中心に固定費の項目を見直すことで、節約できる額も大きくなります。

子どもが生まれる前は共働きだったのに、子どもが生まれてから思うように働けなくなって、貯金もできないと悩んでいる人も多いでしょう。働けないのであれば、固定費の節約を考えて生活を豊かにしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください