北海道・オホーツクシマリス公園が最高すぎる。

休暇を利用して北海道に行ってきて、なかでも最高だった網走市にある、シマリスと触れ合えるシマリスの楽園こと『オホーツクシマリス公園』を紹介したいと思う。

オホーツクシマリス公園とは

オホーツクシマリス公園は、春から秋にかけて営業しているシマリスの楽園である。

参考 オホーツクシマリス公園トリップアドバイザー

 

あまり知られていない場所だろうが、ここは私の中で、北海道の中でもトップを争う楽園になった。

※ちなみに私はもともと北海道に10年住んでいて、道内旅行を何十回としてきている。

冬はシマリスくん達が冬眠するためもちろん営業しておらず、かつ営業時間は10時〜16時と短いので、旅行する際はとにかく日中に網走市を通るように計画してくれ。

また、場所は悪いので、車での移動が必須だ。電車で来られる方はタクシーを利用しよう。

 

シマリスとは

名前にある通り、体にシマがある、小型のリスのことを言う。

道民である私からすれば、「シマリスといえば北海道!」なんてイメージが勝手にあったりするのだが、意外にも本州にも普通に生息しているらしい(見たこと無いけど)。

で、やっぱりどのリスよりも可愛い。小型だし、シマがあるし。

とにかくシマだ。シマがあるだけでなんでこんなにも可愛くなるのか。いつか私もオホーツクシマリス公園のような楽園で暮らしながら行きたいというのが一つの夢だな。

 

網走市とは

網走市ってどこやねん」という方は多いかもしれない。

道外から来られるツーリストの方々は、「そもそも網走市を知らない」、「網走市に行かない」という方が大半だろう(やはり札幌や小樽、函館といった西側が行きやすいし人気だ)。

とはいえ東側は魅力たっぷりであり、ぜひとも一度は観光してほしいところだ。それはまた別で語るとして、まずは網走だ。

網走市は札幌の真逆である東側に位置しており、オホーツク海に接している。

有名な観光スポットしては『博物館 網走監獄』だったり、『流氷』だったり。

参考 網走・北見・知床の観光スポットじゃらん

 

それだけじゃピンと来ないだろうが、例えばカーリングが有名な北見市が網走の南にあり、世界遺産として有名な知床が網走の東になり、日本で3番めに大きい湖であるサロマ湖を有する佐呂間市が西にある。そういった有名所の市に囲まれているので、ぜひ網走にも立ち寄ってほしいところだ。

とにかくシマリスが可愛い。

シマリス公園にいるのはシマリスだけ、何十匹もいる。本当にシマリスの楽園だ。

そしてポイントは、ただ柵の向こう側にいる、あるいはゲージの中にいるシマリスを眺めるというものではないということ。シマリスが何十匹も生活している公園そのものに足を踏み入れることができるのだ!最高!幸せ!

 

というわけで、入り口。

実際に入場する前に係員の方から注意事項やふれあい方の講習を受けます。

シマリスを傷つけないこと、ストレスを与えないこと!なので入場したら絶対にすり足で移動してくださいと強く言われました。リスが速すぎて、急に飛び出てくるから、踏んづけてしまう可能性があるんだって。

入ったら(逃さないために、扉を3〜4回通ったぞ)軍手とシマリスの餌であるひまわりの種を受け取って、いざ楽園!

全体像はこんな感じで、公園そのものが囲われていてシマリスたちは生活している。実際に探してみるといろんな所に巣穴があった。みんなシマリスたちを探してるね。

といわけで私もひまわりの種を手に乗せて待ちます。

すると。。

 

 

ひょっこり出てきたーーー!!!!!

可愛い!!!!!!!!!!!

※シマリスはたくさんいますし、とにかく食いしん坊なので、手を置いて待ってたらすぐに寄ってきます。

 

可愛い!

食べるのに夢中なので、写真もばしばし撮らせてくれます。可愛い!

 

膝の上まで乗ってきてくれたり

※高く上げるのは危険なのでもちろん禁止です。

 

とにかく可愛い。たまんねえ。

 

手を差し伸べればすぐに乗ってきてくれる。可愛いかよ。

 

たんまりと頬袋に蓄えとる。可愛いかよ。

実際行った方の満足度は高く、誰もが笑顔になって帰っていた。私の彼女も最初は「なんでこんなとこ行くん」と懐疑的だったが、一番印象的だったようでとても喜んでくれていた。ありがとうシマリスたちよ。

 

オホーツクシマリス公園は最高

最高、最高、とにかく最高。オホーツクシマリス公園は最高。これほどの癒やしスポットはなかなか無いくらい素敵な楽園だ。

北海道の名だたる観光スポットに比べればかなりマイナーであるが、満足度は非常に高い。

混雑度も程よい感じなので、有名になる前に行ってしまうことをおすすめしたい。

家族・恋人、あるいは一人でも充分に楽しめる、誰と行っても笑顔になれる、本当にオススメできるスポットだ。

北海道旅行を計画している方は、ぜひ検討していただきたい。

オホーツクシマリス公園の基本情報

MEMO

住所:〒099-2421 北海道網走市呼人352

営業時間:春〜秋、10時〜16時

入場料:400円


詳細は以下サイトをご参照ください。

参考 オホーツクシマリス公園トリップアドバイザー

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください