フラクトオリゴ糖の効果は腸内環境改善だけではない!適切な摂取方法を紹介

フラクトオリゴ糖

「便秘が原因で肌トラブルが尽きない」「お腹がポッコリしている」「体がだるくて重いときがある」このようなお悩みを抱えている方は、腸内環境が乱れている可能性があります。

腸内環境を改善するフラクトオリゴ糖で、辛い便秘やだるさを解消してみてはいかがでしょうか?

本記事では、フラクトオリゴ糖の効果や摂取方法を分かりやすく解説していきます。

フラクトオリゴ糖を毎日の食事に取り入れて、腸内をスッキリさせて健康的な体を手に入れましょう!

そもそもフラクトオリゴ糖とは?

フラクトオリゴ糖はプレバイオティクスの一種です。オリゴ糖と言えば、腸内環境に良い影響を与えてくれるものだというイメージが強い方も多いかと思います。

実は、腸内環境を整えるだけでなく、血糖値の急上昇を抑えたり、虫歯を予防したりと体にさまざまなメリットがあるのです。

オリゴ糖は、「難消化性」といい胃や腸で吸収されることなく、大腸まで届くことが特徴的。オリゴ糖と一口で言っても、種類がたくさんあるので、ここでは代表的なオリゴ糖をご紹介させて頂きます。

代表的なオリゴ糖
  • イソマルオリゴ糖:砂糖の40~50%もの甘未があります。みりんや醤油、ハチミツなどにも含まれています。
  • ガラクトオリゴ糖:砂糖の25~35%もの甘さがあります。低カロリーな上、生きて大腸まで届くことが特徴的。
  • キシロオリゴ糖:砂糖の25~40%の甘味があります。熱や酸に強いため、加工食品に使われることが多いです。
  • 乳果オリゴ糖:オリゴ糖のなかでも比較的に砂糖に近い甘みがあります。低カロリーなので健康食品に採用されることが多いです。
  • 大豆オリゴ糖:名前の通り、大豆に含まれている糖のこと。砂糖の70%の甘味があり、味噌などの調味料に含まれています。

これらのオリゴ糖と、フラクトオリゴ糖はどのような違いがあるのでしょうか?

それでは、フラクトオリゴ糖の特徴を見ていきましょう!

フラクトオリゴ糖の特徴

玉ねぎやごぼうなどの野菜に含まれている。

熱に強いですが、酸に弱い傾向があります。

腸でほとんど吸収されないため、大腸に届きやすい。

カロリーは1gあたり1.6~2.2㎉と砂糖の約半分。

フラクトオリゴ糖は、玉ねぎやごぼう、トマト、にんにく、バナナなど野菜や果物に含まれています。

自然界に存在するオリゴ糖なので、妊婦さんや幼児でも安心して摂取することができるのです。

フラクトオリゴ糖の効果

フラクトオリゴ糖を摂取することで、どようなメリットがあるのでしょうか?

ここからは、フラクトオリゴ糖の効果について分かりやすく解説していきます。

①お腹の調子を整える

フラクトオリゴ糖は、善玉菌の餌になり、腸内環境を整える作用があると言われています。

先述した通り、腸で吸収されずに大腸まで届くので腸内環境を理想的な状態へと改善してくれるのです。

そのため、便秘を解消して体の中に溜まってしまった老廃物や毒素をスムーズに体外に排出できます。

「便秘で下腹がポッコリしている」「肌が荒れやすい」「排便のときに切痔になる」と言ったお悩みを抱えている方は、フラクトオリゴ糖を摂取して腸内をスッキリさせましょう。

②ミネラルの吸収率が上がる

フラクトオリゴ糖を摂取することで、腸内に存在するビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌が増加します。

その結果、有機酸が生成されて大腸の中のpHが低下して、ミネラルの吸収がスムーズになるのです。

よって、現代人が不足しやすい「カルシウム」や「マグネシウム」の吸収が促進されるため、骨が丈夫になったり、筋肉収縮に役立ったり嬉しい効果をもたらします。

また、最近ではダイエットや筋力アップにもカルシウムが関連する可能性が高く研究が進められています。

参考:公益財団法人長寿科学振興財団公式ホームページ

③血糖値の急上昇をおさえる

「食後にだるくなった」「急に眠気が襲ってきた」このような経験をしたことがある方も多いのではないでしょうか?

食後に急にだるくなる場合には、血糖値が急上昇している可能性が高いと言えます。

食事の内容に糖質が多く含まれていれば、血糖値が一気に上がってしまうのです。

そして、一気にあがった血糖値を下げるタイミングで眠さやだるさを感じることがあります。

血糖値が急上昇してしまうと、インスリンという通称「肥満ホルモン」が分泌して、体に脂肪がつきやすくなるので非常に厄介です。

そこで、血糖値の急上昇を抑えるフラクトオリゴ糖を摂取すれば、これらの悩みを一気に解決できます。

インスリンの分泌も避けられるので、肥満予防にも繋がります。

④虫歯予防

砂糖を食べることで、口内に糖質が蓄積してしまい、それらをエサとしている「ミュータンス菌」が大量に作りだされます。

ミュータンス菌は、歯に密着して溶かしたり、穴を開けたりして虫歯を増やしていきます。

フラクトオリゴ糖は、砂糖とは違いミュータンス菌の餌になりにくいため、虫歯の原因を作らないことも注目されているポイントのひとつ。

参考:公益財団法人ライオン歯科衛生研究所

⑤肥満予防

フラクトオリゴ糖のカロリーは、砂糖の約半分だと言われています。

毎日コーヒーや紅茶に砂糖を入れたり、お料理に砂糖を使用したりしている方は、フラクトオリゴ糖に変えてみてはいかがでしょうか?

甘味は砂糖と一緒でカロリーだけをカットすることができますよ。

糖質を抑えられるため、脂肪を蓄積させにくくなるメリットもあるので、肥満予防に絶大な効果を発揮してくれます。

また、腸内環境が整うため便秘が解消されて、代謝があがることも嬉しいポイントです。

代謝が上がることで、1日に消費するカロリー量がアップするため、脂肪の蓄積を防いでくれます。

⑥便のにおいが改善される

体調が悪いときや、便秘が続いたときには、便のにおいがきつくなってしまうものです。

また、腸内に老廃物や毒素が溜まっていれば便のにおいが強烈になってしまいます。

そこで、フラクトオリゴ糖を定期的に摂取すれば、老廃物や毒素をスムーズに排出できるため、においが改善されるとのこと。

便のにおいが気になる方は、普段からフラクトオリゴ糖を摂取して腸内の余分なものを排出させておきましょう。

⑦健康的な便が排出される

便秘でお悩みの方は、便が固くなっていたり、反対にゆるすぎていたりと理想的な形で出てくる頻度が少ないのではないでしょうか?

そこで、フラクトオリゴ糖を摂取することで、バナナのような形で水に沈まない健康的な便が排出されます。

腸内の蠕動運動が活発になって、理想的な便がでるので、切痔やお腹が緩くなることで引き起る腹痛を防げるメリットもあります。

「うんちは健康のバロメーター」と言われているように、毎日排便状況を確認しておくといいかもしれませんね。

フラクトオリゴ糖のオススメな摂取方法

フラクトオリゴ糖を摂取することで得られる効果は、腸内環境を整える他、肥満や虫歯予防にも繋がるということが分かりました。

それでは、フラクトオリゴ糖はどのようにして摂取するといいのでしょうか?

ここからは、効率よくフラクトオリゴ糖を摂る方法をお伝えしていきます。

食品から摂取する

フラクトオリゴ糖は、ごぼうや玉ねぎ、バナナなどの食材から摂取することが可能です。

フラクトオリゴ糖の含有量が多い食材をFDA(アメリカ食品医薬品局)のフラクトオリゴ糖に関する資料を元にご紹介致します。

フラクトオリゴ糖の含有量
  • バナナ 0.2g
  • ライ麦 0.38g
  • 玉ねぎ 0.3g
  • エシャロット0.85g

これらの数値は、食品100gあたりに含まれているフラクトオリゴ糖の含有量です。

玉ねぎは、だいたい1個200g前後なので丸々一つ食べれば0.6gのフラクトオリゴ糖を摂取できるということになります。

そこで、消費者庁が公表する「特定保健用食品(規格基準型)制度における規格基準(リンク」によると、フラクトオリゴ糖の1日の推奨摂取量は、3~8gだと述べています。

そうなれば、バナナを1日に15~40本も食べなくてはならない計算になるのです。

また、1日食べるだけでOKということではなく、毎日継続的に食べる必要があるので、現実的に難しいですよね。

つまり、食品だけで1日に必要なフラクトオリゴ糖を摂取することは、不可能なので食品に加えて、サプリメントなどを取り入れるといいかもしれませんね。

サプリメントで摂取する

先述したように、フラクトオリゴ糖を食品だけで摂取することは至難のワザです。

そこで、サプリメントや粉末で販売されているフラクトオリゴ糖を取り入れることで簡単に1日に摂取すべき量が満たされます。

Jarrow Formulas, Inulin FOS, Powder, 6.3 oz (180 g) / iHerb

Amazonでも購入が可能ですが、高いです。基本的にサプリ系はiHerbの方が安いので、iHerbでの購入をお勧めします。また上記から購入頂くと5%の割引になるようです。

さてフラクトオリゴ糖を食品で摂取し続けることは、極めて難しいという解説をさせていただきました。この商品では、大さじ1杯(15g)使用するだけで1日に推奨されている目安の摂取量をクリアできます。使用方法は、砂糖と同じように、コーヒーや紅茶に入れたり、ヨーグルトに混ぜたりするだけなのでとても簡単です。

カロリーを砂糖の半分ほどカットできるので、「脂肪が気になる」「年々痩せにくくなってきている」といった方にもうってつけです。

健康志向な方や便秘気味の方、肥満予防をしたい方は、上記サプリを日々の食生活に取り入れてみてはいかがでしょうか?

注意
摂取しすぎると下痢等に繋がるため、まずは1日15gから始めてみるようにしましょう。

まとめ

フラクトオリゴ糖は、バナナやたまねぎなどの慣れ親しんだ食品から摂れる安心・安全なオリゴ糖です。

腸内環境を整えることはもちろんのこと、虫歯や肥満も予防してくれるのでご家族全員で摂取することをオススメします。

食品で摂ろうと思うと、バナナを15本以上食べなくてはならなかったり、摂取カロリーが増える上、コスト的にも難点が多いです。

そのため、サプリメントや粉末のフラクトオリゴ糖を活用して、健康維持に役立ててくださいね。

本当に効果のある、腸内環境の改善方法を紹介する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください