為替裁定取引とは?FXの裁定取引の違いを徹底解説

投資の方法の1つとして裁定取引というものがあります。裁定取引はアービトラージとも呼ばれており、FXでも一般的な手法となっています。

今回は為替裁定取引の具体的な方法をご紹介していきます。

為替裁定取引とは

為替裁定取引とは、市場内や市場間での為替の価格のゆがみを見つけてリスクなしで鞘を抜くという非常にテクニカル性の高い手法になります。

ちなみに市場間に起きた価格のゆがみが自然と修正されて、損得のない水準になることを「裁定が働く」と言います。

また、為替裁定取引は「場所的裁定」と「時間的裁定」の2つの手法があります。

場所的裁定と時間的裁定の違い

場所的裁定と時間的裁定はその文字の通り場所と時間との違いになります。その違いを簡単に説明すると以下になります。

場所的裁定と時間的裁定の違い
  • 場所的裁定:離れたそれぞれの市場で直接為替取引の取引価格が異なる場合に行われるアービトラージ
  • 時間的裁定:期日の違う為替スワップの売買を行い利益を得るアービトラージ

このように場所間での価取引価格の違いや期日での違いで利益を確定させようとする方法が為替裁定取引です。

為替裁定取引の方法について

為替のレートは業者によって異なります。大きく異なることはありませんが、その差を利用して取引を行うことができます。

例えば、日本円で米ドルをロングポジションで購入したら、同じ時刻に1ドルあたり100円10銭になっているところもあれば100円5銭になっているところもあります。この金利の差をスワップといいスワップの差を利用していきます。

そのため、為替レートが安い業者で安く勝って、高い業者で買ったときよりも高値で売れば、アービトラージで利益を得ることができます。

ただし、価格はどんどんと変動していきますので、実際に行うのは難しいです。

そこで、為替レートの歪みを発見するためのソフトウェアも多く出回っていますが、思うような利益を得られないものがほとんどです。

そのため、為替裁定取引は一般人がちょっと始めてみようかなと気軽に始められるようなものではないでしょう。

為替裁定取引を始めるなら慣れてからがベスト

為替金利裁定取引は初心者がいきなり始めても上手くいくものではありません。そのため、為替裁定取引を始めるなら、FX取引に少し慣れてから行うのがベストでしょう。

投資家としてすでに結果を出しているのであれば為替裁定取引を利用して利益獲得するのも手法としてはアリですが、まだ利益獲得できていないのであれば、為替裁定取引を始めるの早いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください