【必読】初心者が読む必要のないアフィリエイト本リスト

 

アフィリエイトを始めるのにまずは何か本で知識を得ようと考えている方は多いかと思いますが、最初にガッと読むより、行動しながら知識を補完していく流れの方が確実にいいです。

そこで今回は「初心者におすすめなアフィリエイトの本」を探しているあなたに、先ずは読まなくてもいいアフィリエイト本を紹介していこうと思う。

前提① 行動の第一歩が『知識を得るために本を読む』ではダメ

前提として伝えておく。

何か行動する前に、本を読むな。行動の第一歩として本を読もうとするな。

手を動かして、分からないことがあったり補完したい知識が出てきた時にこそ、初めて本を手に取るのが良い。

なぜなら、本を読むだけで行動しない人が多いからだ。

アフィリエイトを始めようとする大抵の人は、本業があるため大して時間が無い。まず本を読み始めるとそれだけで何日か過ぎて、結局行動も遅くなる。あるいは行動すらしなくなる。

自己啓発的な本を読んでモチベーションが高まるかもしれないが、結局次の日にやろうとしてモチベーションもどこかに飛んでいく。

それは、はっきり言って無駄である。なぜか分からないが、知識がついてしまうと人は案外行動しなくなる。それでちょっとした満足感が出てしまうからだろうか。

アフィリエイトを始めようと決起したら、まずはさっさと自分のサイトを作るほうが断然良い。

前提② アフィリエイト本をおすすめする人たちは、それでお金を稼いでいる。

アフィリエイト本をアフィリエイトする画像

『アフィリエイト 本 おすすめ』とか『アフィリエイト 初心者 本』とかで検索すれば分かるが、大体似たり寄ったりな本ばかり挙がってくるだろう。

そして大抵の人たちはテキトーなレビューを書いてユーザにAmazonか楽天で買うことを勧める。

うっかりその手に乗って本を買ってしまうと、サイト主にもお金が入ってくるのだ。

それっぽく書いてそれっぽくオススメしておけば自分にもお金が入るなんて。

もちろんそれ自体は優れたビジネスモデルだし、多くの人がやっていることだ。

とはいえ本気で読まなくても良いような本をおすすめしたり、内容が無い本が挙がってくるのはどうかと思う。

彼らは、アフィリエイト本をアフィリエイトしている。その事実を忘れないでおこう。

アフィリエイト初心者が読まなくても良い本一覧

というわけで基本最初に本を手にとるのはよくないが、それでも執拗なコピーライティングでうっかりと手を出してしまいかねないかもしれない。

したがって、買わなくてもいいアフィリエイト本を一覧として纏める。

タイトルに『アフィリエイト』が入っている本

初心者に一番オススメしたくない本が、ずばりアフィリエイト本である。

『どうやらアフィリエイトは簡単らしい』とよく啓蒙されているが、結構面倒くさいのがアフィリエイト。

アフィリエイト本を見れば、その面倒臭さに真っ先に気がついてしまう。「あれ、意外と面倒くさいやん」。

そしてほとんどのアフィリエイト本は超初心者向けに作られているせいか、内容が薄い。大体ネットに書いてある。

また、初心者にとってはどうでも良いような無駄な知識まで叩き込まれるもんだから、パンクしてやる気もなくす。

そんなものを一から叩き込んで「さあ頑張ろう」、という動きをするなら、自分でサイトを作りつつ、わからないところがあればネットで補完していく、で全然OK。動きも幾分と早くなる。

それでも本のほうが体系的で補完しやすい、という方は、初心者本を1冊だけ買えば良いと思う。お願いだから何冊も買わないでおくれ。

タイトルに『ブログ』が入ってる本

アフィリエイトと以下同文。と言いたいところだが、ブログ本はアフィリエイト本より質が悪い。

たいていは著者の体験・自慢・ブランド化・情報商材への入り口・自己啓発さが満腹になると言っていいほどに取り込まれていて、大した価値が提供されないからだ。

やめてくれ。お願いだからこんな本を手に取る前にサイトを作っておくれ。

SEO関連の本

記事の企画・執筆作業を劇的に遅くさせる悪魔のワードだ。絶対に近づかないでほしい。

手にとるのは中級者以上。

この本を読んだせいで、多くの初心者は考えすぎて沼にハマって記事を書く手が止まる。

初心者は『検索してくるユーザーが喜んでくれる記事を書こう!』という気持ちだけもっておけば全く問題ない。

それなのにやたら分厚くて初心者をパンクさせて、しかも技術的な話まで持ってきやがって。やめろ。

ライティング関連の本

ライティング関連の本は、あなたが記事を執筆するのに慣れてきた頃に買う方が良い。

まず買ってから書こうとすると、その本が勧める型にハメようとしてしまい、むしろ書けなくなる。

まずは自分のスタイルで書いてみるくらいが良くて、いきなり知識を詰め込んでも上手く書けずに止めてしまうオチだ。

デザイン関連の本、WordPress関連の本

少なくとも初心者は手に取らなくていい本。知らなくていい本。

デザインに手を取るのは、デザインに本気にこだわりのある人か、アフィリエイト中級者以上で良い。

いまなんてデザインの良いWordPressテーマは沢山あるし。変にデザインに拘り始めると、スピードがめっぽう遅くなるし、成果に直結しない。

デザインにこだわり始めると、自分にとって良いデザインが出来上がってしまうのが初心者のオチだ。

そんなトラップに引っかかる前に、まずはアフィリエイトの本質に関わる部分であるサイトを作る、記事を書く、広告を貼る。の3点セットに全力を注いで貰いたい。

マーケティング関連の本

マーケティング本を読むとマーケティングが嫌いになるので、まず読まないほうが良い。

アフィリエイトを始める初心者にはとにかく無駄でしかない。無駄な知識No.1。キングオブ無駄。

体系化されているマーケティング知識は、そのほとんどが我々にとっては使い物にならない。

あぁこの時マーケティングの知識があれば。なんて後悔はしないから安心して欲しい。

そんなことより自分の頭を使って、いかに読者を喜ばせるかを考えたほうが何百倍もマシである。

おわりに。本には手にとるべきタイミングがある

初心者は基本スタンスとして、『本を読むなら記事を書く』がベストである。

初心者がアフィリエイトやブログで稼ぐコツは、その仕組みを知りすぎないことだ。

もちろん、いずれは重要な知識・スキルとなることには間違いなく、必ず役に立ってくることは間違いない。

しかし、それは今じゃない。今のあなたにとっては無駄であり、障壁になる。

読書は記事を書いたご褒美のように捉えて、今はとにかく行動しよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください