逆算手帳を買ってみた

夢を叶えていく上で、何か良い術はないかなと考えたいたわけだが、そういう時も日経WOMANは役立つ。

私は男のくせして日経WOMANがかなりのお気に入り雑誌であり、定期購読まで初めてしまったわけであるのだが、

男だけど日経WOMANの定期購読始めた

日経WOMANは夢とか目標とか手帳とかに関連した情報もたくさん提供してくれる。

そこでヒットしたのが『逆算手帳』だ。

参考 逆算手帳

そしてこの雑誌を買ってしまい、なんかすごいワクワクしてしまったので(クソ単純野郎である)、早速買うことにした。

こうやってライフビジョンを立てるの楽しそう(クソ単純野郎である)。

逆算手帳とは何か

そもそも逆算手帳とは何かというと『ビジョンから逆算して計画を立てることに特化した手帳』らしい。

正直に言えばわりかし普通のコンセプトで、どこにでもありそうで、なんか胡散臭さもあったりする。

とはいえ、『ビジョンを立てる、夢を立てる段階からサポートしてくれる手帳』でもあったので、今の自分に合っているなと思い、試しにかってみた次第である。

実際ライフビジョンを立てたり、夢を書き出してみたりと、手帳に書き込むことでいろいろ試せそうである。

認知度も高いようで、利用している方も一定数はいる印象。ググってみれば結構記事を見られる。

ただし、はっきり言って4000円は高い。ぼったくりレベル。来年度も継続して買うかは、実効性しだいとなりそうだ。

届いた

私は逆算手帳術にちらっと書いてあった以下とノートを購入して、逆算手帳+メモ帳として活用することにした。

ついでといってはなんだが、書くことに楽しみを感じたいと思ったので、お気に入りであるジェットストリームの高級Verも一緒に購入した。

書き心地はやっぱり最高なのだが、0.5にすれば良かった。なんで0.7にしてしまったのか理解に苦しむ。

こんな感じ。スタイリッシュでなかなかカッコいいカバーだ。触り心地もいい。ただカバー+逆算手帳+ノートで、わりと重い。持ち運ぶのがやや億劫になるレベル。

 

表紙。まずは初めの一歩を歩みたい。

 

後ろにはノート。とりあえず何か書きたいときに書ける状況を作っておきたかったのだ。だって逆算手帳には書くスペースがあまりに無いから。まじボッタである。

 

ということで準備はできたので、早速いろいろ活用してみたいと思う。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください