『遺族基礎年金』配偶者と子に支給される年金

遺族基礎年金

制度について

対象者

国民年金の加入者の配偶者とその子供

補助金額

780,100円×子の加算分

申請方法

役所の担当窓口で申請

家計を支えている稼ぎ頭が亡くなってしまうと今後の生活に不安を感じます。残された遺族に対する補償として遺族基礎年金があります。

遺族基礎年金の受給額は78万100円が基本ですが、遺族の子どもの人数によって支給金額が増えます。

遺族基礎年金は申請しないと受け取ることができませんので申請を忘れないように、遺族基礎年金について勉強していきましょう。

遺族基礎年金とは

遺族基礎年金とは遺族に対して国民年金機構から支払われる遺族年金のことを言います。国民年金の加入者はもちろんのこと、会社員などで厚生年金の加入者や共済年金の加入者の遺族にも支給されます。

支給されるのは配偶者+子もしくは子

遺族基礎年金の受給対象者は亡くなった方の配偶者+子、もしくは子に限られます。

なお公的年金における「子」とは18歳年度末までになります。つまり、子どもが18歳になるとその年度末で支給は打ち切りとなります。

遺族基礎年金の受給額にについて

遺族基礎年金は老齢基礎年金の満額と同額を受給されます。

老齢基礎年金の満額と同額が支給

老齢基礎年金は加入期間によって受給額が変わりますが、老齢基礎年金は加入期間に関わらず支給額は一定となります。

つまり、1ヶ月しか加入していなくても、遺族基礎年金を受け取ることができるのです。

遺族の人数によって受給額が異なる

受給額は78万100円になりますが、遺族の人数に応じて加算されます。ただし、この遺族の人数は故人と関係があればいいというものではなく、

  • 子がいる配偶者

ということになりますので、子ども分が加算されるということになります。

例えば夫が死亡したときに

  • 妻(47歳)
  • 長男(19歳)
  • 長女(16歳)
  • 次女(14歳)
  • 母(70歳)

が遺族として残された場合、妻と長女、次女の3人が遺族基礎年金の対象者となります。なお、長男は子どもではあるものの18歳以上ですので対象外となります。

子どもは18歳の年度を過ぎると打ち切られる

子どもの加算分は18歳になる年度を過ぎると打ち切りとなります。なお、遺族の人数による遺族基礎年金の受給金額は以下になります。

遺族の人数受給額
1人78万6500円
2人78万100円+22万4500円
3人78万100円+22万4500円+22万4500円
4人78万100円+22万4500円+22万4500円+7万4800円
5人78万100円+22万4500円+22万4500円+7万4800円+7万4800円

なお、加算分は妻+子ども2人の場合までは22万4500円人数分加算されます。なお子どもが3人の場合は1人目を除く残り2人が加算分として計算されます。

4人目以降を1人目を除く3人のうちの3人目として74,800円が加算されます。4人目以降は子ども1人につき74,800円となります。

平成26年4月以降は父子家庭でも受給対象に

以前は夫を亡くした母子家庭に限り遺族基礎年金の受給対象となっていましたが、平成26年4月に改正され、父子家庭であっても遺族基礎年金の受給対象となりました。

国民年金は20歳になればかならず加入しなければなりませんので、条件が合えば利用することができます。

遺族基礎年金の申請方法

遺族基礎年金はお住まいの役所や年金事務所などの担当窓口にある「年金請求書(国民年金遺族基礎年金)」と必要書類を提出することで受給することができます。

必要書類は必ず必要なものと第三者が原因で死亡した場合、状況に応じて必要な書類があります。

全員必要な書類

  • 年金手帳
  • 戸籍謄本(記載事項証明書)
  • 世帯全員分の住民票の写し
  • 故人の住民票の除票:住民票の写しに記載されている場合は不要
  • 請求者の収入確認書類:所得証明書や源泉徴収票など
  • 子の収入確認書類:義務教育修了していない場合は不要。高等学校に在学している場合は学生証など
  • 死亡診断書のコピーもしくは死亡届の記載事項証明書
  • 受給を受ける銀行口座:通帳など(申請者本人名義)
  • 印鑑:認印可

第三者が原因で死亡した場合に必要な書類

  • 第三者行為事故状況届
  • 交通事故証明もしくは事故証明ができる書類
  • 確認書
  • 扶養確認書類:源泉徴収や学生証の写しなど
  • 損害賠償金の算定書:すでに決定している場合

状況に応じて必要な書類

  • 年金証書:厚生年金などから年金を受給している場合
  • 合算対象期間確認書類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください