残業過多からの1日3時間睡眠は、辛い。

Fitbit Alta HRを使い始めて1週間が経過したが、きっちりと睡眠を計測してくれて頼もしく思っている。

睡眠アプリはせいぜいレム睡眠かノンレム睡眠かの判断しかしてくれなかったわけだが、Alta HRは「レム睡眠」、「浅い睡眠」、「深い睡眠」の3種類で計測してくれる。その割合とベンチマークの指標も提示してくれて、自分の現状と理想のギャップがひと目で分かる形になっている。買ってよかったな。

が、そもそもの前提として睡眠時間が短すぎる。死ねる程に。

 

なんだこの平均は。

ブログをたくさん書きたいなと思って4時半起床に切り替えた訳なのだが、それが辛さの原因だろうな。当たり前だけど。これまでは大体0時就寝の5時起床だったが、これはかろうじて耐えられる睡眠時間だ。それを、夜もブログ書きたいなという思いから、1時就寝からの4時半起床にしてみた。

結果、死んだ。今日は木曜日だが、これほど眠気が来てるのは初めてだ。眠気を通り越して頭いてえ。さすがにこの睡眠習慣はアウトだ。平日の平均睡眠が3時間なのは確実にアウトだ。改善せねば。

なんの改善が必要かって、もうこれは残業時間を削減するしか無い。22時退社では、もう寝られない。

この退社時間というのを、せめて毎日21時にしたい。それだけで相当変化があるだろうと思う。そしたら11時半に寝れると思う。そしたら5時間睡眠を確保できる。ああそうしたい。21時に帰りたい。

まあ真面目に、21時退社をひとつの目標としていきたい。そうでもしなければ、もうこの習慣は継続できない。健康にもあまりに悪すぎる。危機感持って、取り組んでいきたい次第である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください