お金を生み出す資産を作る3つの手順

前回の記事では、貧乏から抜け出す方法を紹介した。それを実践して貧乏から抜け出したあなたは、毎月の給料から最終的に利益を残すことができるようになったはずだ。

あなたが貧乏から抜け出すための、たった1つの方法。

中流階級であればそれらを積立て、何らかのイベントやリスクに備えて貯蓄をしていくことになるだろう。しかし、貯蓄するだけでお金持ちになることはできない。必ずお金を動かす必要がある。それが投資だ。

今回はお金持ちになるための手段である、投資について説明していきたい。

投資の目的

投資の目的を説明する図

そもそも貯金ではなく、なぜ投資をしなくてはならないのか。それは、投資をすることにより、『お金を生み出す資産を作る』ことができるようになるからだ。「お金を生み出す資産」とは、あなたが何をしなくとも自動的にお金があなたの財布に入ってくるもの。これを手に入れれば、あなたは経済的自由を手に入れ、本当の自由を手に入れることができる。

以前、貧乏とお金持ちの違いは「お金の流れ方」であることを説いた(参考記事)。投資をすることにより、あなたはお金持ちのお金の流れ方と全く同じ状況になると言えるだろう。

稼ぐ資産を作るための3ステップ

①収入の利益や今までの貯金を投資資金へと回す

収入や純資産を投資へ回す図

貧乏から抜け出したあなたはお給料という収入から生活費という支出を差し引いても利益としてお金が残っているだろう。中流階級のあなたであれば、毎月の利益だけでなく、貯金という純資産を既に蓄えているだろう。

やるべきことは1つだけ。これら利益と純資産の何割かを投資資金へと充てるのだ。貯金するのではなく、お金を動かすのである。現状、銀行口座の金利を見てもらえば分かるが、大してお金は増えない。それならそのお金を使って、お金を生み出す資産に投資するほうが確実にマシである。

何割を充てるのかは人それぞれで良い。ある程度の生活費は蓄えておきたいだろうし、万が一のリスクにも備えたいだろう。もちろん、早くお金持ちになりたいのであれば多くの資金を注ぎ込むほうがスピードが早まるが、それは自分次第である。

稼ぐ資産が生まれる図

これを続けると徐々に稼ぐ資産、すなわちお金を生み出す資産が構築されていく。もちろん、最初は小さな収入しか生み出してくれないだろうが、徐々に徐々に大きくなっていくのだ。

②稼ぐ資産が生み出した収入を再投資する。

稼ぐ資産が生み出した収入を再投資する図

徐々に稼ぐ資産が、収入を生み出してくれるようになる。つまるところ、これであなたの収入源が多角化されたことになる。給料に加えて稼ぐ資産が収入を生み出すので、あなたの生活もいささか楽になるだろう。

これだけでもあなたの家計は、他人と比べれば相当優秀になっている。しかし、これに浮かれて贅沢品に支出するのだけは止めて頂きたい。それはつまり貧乏へ逆戻りするようなものだ。幸いにもあなたは貧乏から脱した。既に家計をコントロールできている。

ではどうすればいいかと言うと、稼ぐ資産が生み出した収入を、再度投資へ充てるのだ。つまり稼ぐ資産を更に大きくする。あるいは別の稼ぐ資産を作る。稼ぐ資産の柱を何本も作るイメージだ。そうすることで稼ぐ資産はどんどん強固になり、稼ぐ額も大きくなっていく。

③ラットレースから逃れる

給料を無くす図

稼ぐ資産が多角化され、稼ぐ額も大きくなってきた。もはや稼ぐ資産だけでも家計が成り立つまでに成長した。こうなると実行できることは、お給料を貰わなくする選択である。つまり今働いている会社をやめる。そんなことができてしまう。

会社を辞めると、もちろん色々不備が出てくるだろう。安定収入をもたらす収入源が1つ失われるだけでなく、福利厚生もなくなり、税金の計算が面倒になるだろう。しかしそれに変わって週40時間以上の時間や、ノンストレスな環境を得ることができるようになる。

ここまで成長したあなたは、この週40時間を贅沢費に充てること無く、更に稼ぐ資産を成長させることにフォーカスするだろう。そうすればあなたは最速でお金持ちへと駆け上がることができる。これは決して夢話ではない。

投資は少額からでも可能

「私は元手が少ないから、投資しても大きいリターンが得られないでしょ」なんて思う人は多いだろうが、稼ぐ資産は小さい額からでも始めることが十分可能である。

もちろん元手が大きいほど大きなリターンを得られる。しかし最初は月5万円からでも良いし、それを段々と大きな投資額に育てていけば良いのだ。そもそも毎月5万円貯金しても1000円程度の利益にしかならない。それはあなたにとって本当に良い資産運用だろうか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください