【2018】アフィリエイト市場規模は堅調に拡大中

ざっくり言うと..
  • アフィリエイト市場は拡大中:2,200億円を到達する見込み。
  • 今後も更に拡大する見込み:2021年度には4,000億円突破の見込み。
  • 初心者は早めの参入が吉:大きなリターンを得るチャンス

アフィリエイトの市場規模はここ数年着実に確実に成長しており、引き続き右肩上がりで成長する予測がされている。アフィリエイターにとっては望ましい状況であり、新規参入者にとってもチャレンジしがいがある環境となっていると想定する。

【完全ガイド】WordPressの初め方 アフィリエイトは稼げるのか?図解で解説します。

上記が、アフィリエイト市場に関する3つのポイントとなる。

順番に見ていくことにしよう。

 

市場は堅調に拡大している

※画像は矢野経済研究所の市場調査を基に筆者作成

現状、アフィリエイト市場は毎年のように右肩上がりで拡大中だ。

市場としてまさに成長期であり、今後も引き続き成長が見込まれている。

アフィリエイト市場は、基本的にはインターネットの発展と、ネット広告と一心同体である。

インターネットが急速に成長し、検索エンジンやネット広告を解き放ったGoogleが栄華を極め、Eコマースと共にAmazonやAlibabaが急速に発展してきた。

彼らの成長とともに、アフィリエイト市場も急速に成長しているのだ。

アフィリエイターとして、これほど美味しい市場は無いということだ。

参考 アフィリエイト市場に関する調査株式会社矢野経済研究所

 

市場は今後も引き続き成長する見込み

※画像は矢野経済研究所の市場調査を基に筆者作成

そして嬉しいことに、市場は今後もグングンと成長する見込みであるということだ。

2021年には、2014年から約1.5倍も成長する予測がされている。

今(2018年)から3年後の予測など容易ではないが、ITを通じて世界は更に便利な世の中になっているだろうし、それと比較して新聞や雑誌、テレビ等の既存メディアは更に苦境に立たされているだろうと誰もが予測しているだろう。

それに比例して媒体別広告費の成長も推移していくだろう。

電通の調査によれば、インターネット広告費は4年連続で2桁成長を達成しているのに対し、既存メディアは横並びもしくはマイナス成長だ。

雑誌広告費なんて13年連続でのマイナス成長を記録しているもんだから、なかなか厳しい環境にいることが際立っている。

参考 2017年 日本の広告費電通

 

アフィリエイトに興味がある方は、早めの参入を

市場規模の予測を見れば今が成長期なのは明らかであり、アフィリエイターにとっては大変望ましい環境であることが一目瞭然だ。

数年前までは「アフィリエイトは怪しい」なんて言葉をよく耳にしたが、成長とともに真っ当なビジネスであることをに気づき始めた人も多い。

とはいえまだまだ認知度は低いし、依然として参入者は少ないのが現状である。

友達や家族に聞いても「なにそれ?」と返ってくるばかりだ。

つまりまだまだ参入するチャンスであるということだ。

認知されない今は、誰しもが高度経済期のサラリーマンのように、とりあえず頑張っていれば大きなリターンを得られる数少ない市場なのだ。

アフィリエイトに興味を持っているのであれば、そして自分の時間があるのであれば、とりあえずやってみることをおすすめする。

それで少しでも収入を得られたら、つまり自分の力のみで稼ぎを得られた瞬間は、とてつもない喜びが待っているのだ。

以下を参考に、早速アフィリエイトサイトの作成に取り掛かろう。

【完全ガイド】WordPressの初め方 【ブログの書き方講座】ネタ集めから記事の書き方までを解説。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください